• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • 眠れないときに。寝つきをよくする「仰向け腹式呼吸」│LAVAの睡眠ヨガ

眠れないときに。寝つきをよくする「仰向け腹式呼吸」│LAVAの睡眠ヨガ

 季節の変わり目は気温や日照時間の変化が大きいため、睡眠不足やそれにともなう体調不良に悩まされがち。寒暖差が大きくなると体温調節のバランスが崩れ、疲労が蓄積されて自律神経のバランスも乱れやすくなります。ヨガや呼吸法を取り入れることで、睡眠リズムを整えましょう。

 今回は、ベッドに寝たままできる腹式呼吸のやり方を、日本最大規模のホットヨガスタジオ「LAVA(ラバ)」のトップインストラクター竹村真紀さんから学びます。

「仰向け複式呼吸法」で期待できる効果

 仰向けになり股関節を大きく開くことで、お腹や太ももの力が抜けた状態で呼吸をすることができます。深い腹式呼吸によって副交感神経が優位になるので、眠りにつきやすくなります。

「仰向け腹式呼吸法」のやり方

1.両脚をそろえて仰向けになり、ひざを立てる。両腕はお尻の横へ。

2.両ひざを外に開き、足裏を合わせる。ひざが開きにくい場合や、腰が浮くようなら、足の位置を下げて調整する。

3.両手のひらをおへその下に添え、肩と腕の力を抜く。手のひらでお腹の動きを感じながら、深く呼吸を10回繰り返す。

効果を高めるポイント

・腰が反って床から浮かないよう、足の位置を調整する。
・力まずポーズを取る。
・肩を腰方向に下げて床につけ、首元の緊張を解いて呼吸を繰り返す。

関連記事:ホットヨガにダイエット効果はある?毎日やると痩せる? ヨガインストラクターにギモンをぶつけてみた

[プロフィール]
竹村真紀(たけむら・まき)
小さい頃から運動が大好きで、人と関わり、自分がずっと輝ける仕事がしたいと思い、LAVAに入社しヨガに出会う。入社後は岡山店の新店立ち上げに携わり、神奈川県や鹿児島県、福岡県と各地で店長を務め、2017年よりトップインストラクターに連続選出。丁寧な指導と時間や空間を大切にしたクラスにより、多くのお客様から支持を得ている。

[記事協力]
株式会社LAVA International
ホットヨガスタジオLAVA  ▶体験予約など詳細はこちら

<Text:編集部/Photo:株式会社LAVA International>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新