• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • トレーニング後、ノンアルコールビールは飲んでいい?栄養士が解説

トレーニング後、ノンアルコールビールは飲んでいい?栄養士が解説

 アルコールをほぼ含まず、カロリーも低いのがノンアルコールの最大のメリット。とはいえ、トレーニング中や筋トレ後に飲んでもいいのでしょうか? 栄養士の田村つぼみさんに、運動後の飲み方についてアドバイスいただきます。

糖質ゼロ、アルコールゼロのものならOK

 トレーニングで水分が排出された状態だと、血液もどろどろ状態であり、カラダは疲れてしまっています。疲労回復を早め、カラダへの負担も減らすためにも水分補給が重要であり、ノンアルコールでも問題ありません。

 ただし微量のアルコールが入っているものあるので、トレーニング中の水分補給には必ずアルコールゼロを選ぶこと。さらに糖質が入っていては元も子もないので、糖質ゼロのものを選びましょう。

「トレーニング中の水分補給というより、“終わった後にビール!”を求めている人のほうが多いでしょう。ビールを我慢するのではなく、気兼ねなく飲んでいいという気持ちの面でも、ノンアルコールにはカラダや心への負担が減らせるメリットがあると思います」(田村さん)

 ノンアルコールは日常の食事にも取り入れられます。ノンアルコールと一緒に楽しむ食事メニュー例を教えてもらいました。いずれも糖質ゼロが前提です。

▼筋トレをしている人向け

「高タンパクを意識しましょう。食事には鶏むね肉のステーキなどがオススメですが、味付けはタレなどの甘辛いものではなく、塩や香辛料によるシンプルなものにします。定番おつまみでもたんぱく質が多いお刺身、チーズ、ウインナーなどや、豆腐や枝豆などの豆類も良いです」(田村さん)

▼ダイエットをしたい人向け

「筋トレの人と同じ考え方でOKですが、糖質は低いものを選んでほしいところ。さらに、スルメのように固いものはよく噛むので、少ない量でも満足感がアップします。糖質は多少ありますが、生野菜やゆで野菜もたくさん食べましょう。噛む回数が多くなるように、食材は大きくカットしましょう」(田村さん)

[監修者プロフィール]
田村つぼみ(たむら・つぼみ)
料理家・栄養士。短大卒業後、料理教室講師として勤め、料理研究家のアシスタントを経て独立。毎日の“ふだんごはん”を無理せず楽しく健康に! をモットーに、書籍や女性誌でのレシピ掲載を中心に活躍中。そのほか、飲食店や企業のメニュー開発、店舗立ち上げのプロデュースやCM制作などを行う。
【HP】https://tsubomi-t-cooking.com/

※本記事はMELOSで公開された記事「ノンアルコールビール飲み比べ!ダイエット中でもOK?筋トレ民におすすめの飲み方は?[管理栄養士監修]」を再編集したものです。

<Text & Photo:渡辺幸雄/Edit:丸山美紀(アート・サプライ)>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新