• Facebook
  • Twitter

暗闇バイクフェス「FEELCYCLE LIVE 2017 LUSTER」の異世界っぷりが斜め上を行ってた【体験レポ】

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 10月13日、14日、15日に、東京・豊洲PITにて開催された暗闇バイクフェス「FEELCYCLE LIVE LUSTER(フィールサイクル ライブ ラスター)」。暗闇のなか、ノリノリの音楽とともに100分間バイクを漕ぎまくるイベントです。

 今回MELOS編集部の女性スタッフが参加してきたのは、13日の初心者向けクラス(HOUSE)。楽しい、激しい、熱狂すると評判の「FEELCYCLE LIVE 2017 LUSTER」体験レポートをお届けします。

FEELCYCLE(フィールサイクル)とは?
FEELCYCLE(フィールサイクル)とは、暗闇のなか、ひたすらバイクを漕ぐバイクエクササイズです。クラブさながらの雰囲気の中、大音量の音楽に合わせて有酸素運動と筋トレを行っていきます。インストラクターが体勢やリズムなどのトレーニング内容などを指示してくれるので、初心者でも安心して取り組めます。

▲チケット争奪戦必須のイベントへ行ってきました……!

さっそく会場内に入ってみると……

 会場に入ると、もうすでにたくさんの人が! バイクは1人1台用意されていて、各バイクにはミネラルウォーター、ダンベルがあらかじめ準備されていました。ダンベルってバイクエクササイズにどう使うんだろう……、と少し疑問に思いながらも、レンタルした専用シューズを履いて、バイクセッティングを開始します。

▲専用バイク

いよいよエクササイズがスタート!ひたすら漕ぎまくる100分間

 大音量の音楽と、開始直後からすでにノリノリのインストラクターとともに、スタート!結論から言うと、始めから終わりまで、漕いで、漕いで、漕ぎまくりました!

▲老若男女、さまざまな人が集まっていました

 しかも、ただバイクを漕ぐだけではありません。バイクのハンドルを利用した腕立て伏せ、腕・脚をダブルで鍛えるダンベルトレーニングなど、さまざまなエクササイズがありました。バイクエクササイズ超初心者の筆者は、参加前、「バイクエクササイズだから筋肉痛になるのは脚だけかな~」なんて悠長なことを考えていましたが、脚も腕もお腹も全力で使いまくる! 脚はもちろんのこと、ウエスト・ヒップ・二の腕と、全身をシェイプアップできたように思えます。

▲ダンベルを持って腕を前に掲げるエクササイズ

▲ステージ上でパフォーマンスを行うインストラクター

めっちゃキツイ! けれど、めっちゃ楽しい!

▲参加者はみんなノリノリ! パリピの体力は底が見えない

▲後半はかなりキツく……けれど皆さん、満面の笑み!

 中でも、立ち漕ぎを連続で行うトレーニングが想像以上にキツい! 腕・脚両方の負担に、正直何度も気が遠くなりかけ……。しかし周りの参加者がめげずに頑張っている姿や、テンポのいい音楽、そして励ましてくれるインストラクターの声に、「もう少しだけ」と気持ちを入れ直します。

▲ラストスパートの熱気は物凄かった……!

 ラストのエクササイズが終わり、ようやくバイクのハンドルにもたれ掛ります。頭からつま先まで全身汗だくで、バイクから降りたあとも、真っすぐに歩くことが難しかったほど「漕ぎまくり」の100分でした。個人差はありますが、今回のエクササイズで、なんと約800~1000キロカロリーの消費が期待できるとのこと! お昼に高カロリーなタコライス食べてきてよかった!

▲会場は大満員。一種の感動さえ覚えました

 エクササイズ後は「もう当分、自転車やバイクにまたがるのはよそう……」なんて気持ちになっていましたが、不思議なことに、もう一回体験してみたい! という気持ちも同時に襲ってくる不思議な感覚。正直、バイクエクササイズにハマってしまいました。バイクエクササイズ後の達成感・爽快感はこの上なく、今まで味わったことのない「異世界的な感覚」を味わえました。音楽に合わせてがむしゃらにバイクを漕ぐのがこれほど楽しいものだとは!

▲お尻を後ろに突き出して漕ぐ!

 FEELCYCLEのバイクエクササイズでしか味わえない一体感、達成感、そして充実感。ぜひご自分の身体で体験してみてください。

[関連情報]
FEELCYCLE
公式サイト:http://www.feelcycle.com/

▶ダイエットやストレス解消に! フィットネスジムを探す

<Text:編集部/Photo:編集部、FEELCYCLE LIVE 2017 LUSTERオフィシャル画像>

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード