• Facebook
  • Twitter

大人からでも始められる?クラシックバレエを習う準備と注意点は?

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 すっと美しく伸びた背筋に、しなやかな筋肉のついた柔軟な体。淡い色合いのチュチュと、ピンク色のトゥシューズ。舞台や映像を通して「バレエって素敵」と感じたとき、ふと「習ってみたい」と思ったことのある方も少なくないはず。大人の習い事としても、クラシックバレエは人気です。大人バレエを習う準備と注意点を探りました!

▶いろいろなバレエ教室を覗いてみる

大人から始めるバレエに適切なクラスとは?

 大人からバレエを習ってみたいのに「一度も踊ったことがないから、きっと無理」「体が硬いから、踊れない」と、あきらめてしまう人は多そうです。大人の習い事として、バレエは本当にハードルが高いものなのでしょうか? 大人のためのバレエスタジオ「BALLET GATE」吉祥寺スタジオの主任教師・山口愛先生にお訊きしました。

「私たちのスタジオを含め、大人の生徒さんのためのスタジオは数多くあります。その多くが、子どものころにバレエを習った経験のない、初心者の方々です。大人から始めても、レッスンを積み重ねるうち、少しずつクラスのレベルが上がり、踊れる範囲が広がります。レッスンを通して柔軟性も筋力も高まるので、最初は体が硬くて足が上がらなくても、しばらくすると体が変わってくる方が多いです」

 「自分だけできなかったら……」と思うと余計に躊躇してしまいますが、多くのバレエスタジオがレベルごとにクラス分けをしているので、適切なクラスに参加することも大切なポイントに。

「スタジオによってクラス分けは異なりますが、BALLET GATEでは『入門クラス→ビギナーズクラス→基礎クラス→基礎・初級クラス →初級・中級クラス→中級・上級クラス→上級クラス→プロフェッショナルクラス』の順に、レベルが上がっていきます。初心者の方はまず入門クラスやビギナーズクラスに参加していただき、そこで簡単なバレエの動きや体の使い方に慣れてから、ひとつ上のクラスに挑戦いただいています」

 とくに子どもの生徒がメインの教室では、大人は「大人クラス」とひとくくりにされている場合もあり、そこではひとつのクラス内にさまざまな経験年数の生徒が集まります。まったく踊った経験がなく、さらに「私だけできない」と気になってしまう方は、初心者向けのクラスがあるスタジオを選ぶのがオススメです。また、女性のみのスタジオもあるので、男性は事前に調べてから参加しましょう。

初めてバレエを習うとき、準備しておくべきウェアとは

 いざ、スタジオに行こうと思っても、手ぶらでは参加できないもの。一体どんな準備が必要なのでしょうか?

「まず、レッスンウェアとシューズを用意しましょう。バレエ用のレオタード、スカートまたはショートパンツ、タイツ、バレエシューズが基本(写真上)で、寒かったらTシャツやニットを着たり、レッグウォーマーを履いたりします。ただ、いきなりバレエ用品を全部そろえるのに抵抗のある方もいますよね。その場合、初回はTシャツにレギンスやスパッツで参加いただいてもよいと思います。伸縮性があるものを選ぶと、体に負担をかけずに踊りやすいですよ」

 レッスン中、先生が指導をするときに体のラインが見えないと注意しにくいそう。あまりぶかぶかのTシャツではなく、ある程度体にフィット感があるものを選ぶとよいそうです。

「ウェアはバレエ専門ショップで購入できます。インターネットで買えるお店も多いですが、バレエシューズは足にフィットしたものを選ぶことが大切なので、最初はお店の方に見てもらいながら選んだほうがよいですよ」

 なお、バレエというとつま先立ちするトゥシューズ(ポワント)を思い浮かべる方が多いですが、いきなりトゥシューズを履いて練習することはありません。バレエには、やわらかい布や皮でできた「バレエシューズ」と、つま先で立つための硬い「トゥシューズ」があり、バレエシューズでの訓練を重ねて、つま先で踊るための筋力を養ってから始めて、トゥシューズで踊ることができます。最初はバレエシューズのみ、用意しましょう。

初心者クラスのレッスン内容と覚えておきたいバレエ用語

 バレエのレッスンは、だいたい1時間半ですが、BALLET GATEの入門クラスは1時間~1時間15分。山口先生はどんな内容を教えているのでしょうか?

「レッスンのはじめには必ずバレエの基本である美しい姿勢での挨拶(レヴェランス)を行います。足指や足裏をほぐしてから、前屈や開脚などのストレッチを行います。そのあと、バーレッスン。バレエではまずバーという横木につかまって、体の軸を整えるレッスンをしてから、センター(中央のフロア)で踊るのが一般的な流れです。バーレッスンでは、バレエを踊るための姿勢の作り方や立ち方を指導します。センターでは両手を離した状態で、腕の運びや軽いジャンプなどを行っています」

 受付に「まったくの初心者です」と伝えておくと、先生はバレエ用語含めて、丁寧に解説してくださるものですが、最低限のバレエ用語を覚えてから参加すると安心。以下の用語を覚えておくとよいでしょう。

●ルルヴェ
床上に足裏全体をつけたところから、かかとを持ち上げ、バレエシューズの場合はドゥミ(足指の付け根)で立つこと。

●プリエ
膝を曲げる動き。内転筋(内もも)を使い、膝を曲げて戻す動き。

●タンデュ(バットマン・タンデュ)
膝を曲げずに、片足ずつ出して戻す動き。足裏を使って床を滑らせていき、最後につま先を伸ばす。※上の写真は、横のタンデュ

●ドゥバン、デリエール、ア・ラ・スゴンド
ドゥバンは「前に」、デリエールは「後ろに」、ア・ラ・スゴンドは「横に」の意味。なお、バレエでは前→横→後ろ→横の3方向に足を出すことを、アン・クロワ(仏語で「十字」の意味)と呼ぶ。

●アラベスク
バレエの代表的な「パ(バレエのステップや動きの総称)」のひとつ。片足で立ち、もう片足を後方に上げ、膝からつま先までを伸ばしたポーズ。

●ポール・ド・ブラ
腕の運びのこと。両腕を下げた状態を「アン・バー」、胃の前あたりで両腕を丸くする「アン・ナヴァン」、両腕を横に開く「ア・ラ・スゴンド」、両腕を頭の上に持ち上げる「アン・オー」などがある。※下の写真は、アン・バーの状態

 初めてバレエを習う方に向けた解説書も多く、また最近はインターネットの動画でもバレエ用語やレッスン内容を解説したものがあるので、レッスンに参加する前に見ておくと安心できるはず! バレエ独特の体の使い方を覚えると、しなやかな筋肉が身につき、美しい体に整いやすいものです。「難しそう」「ハードルが高い」と気にせず、トライしてみましょう。

【取材協力】
BALLET GATE
熊川哲也さんが大人の女性(満15歳以上)のために設立したバレエスタジオ。熊川さんは英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルとして活躍し、帰国後Kバレエ カンパニーを創立。ダンサーとしてはもちろん芸術監督をも務める。日本においてバレエ文化を伝承したいという思いのもと、BALLET GATEを設立。恵比寿、吉祥寺、横浜、福岡、大宮の5カ所にスタジオがあり、どのスタジオでも受講可能なグランド会員(入会金3万円)と、入会したスタジオのみ利用できるホーム会員(入会金1万円)がある。レッスンはチケット制。
[HP]http://www.k-balletgate.com/

【監修者プロフィール】
山口愛さん
Kバレエスクール吉祥寺校・主任教師。5歳よりバレエを始め、11歳より石神井バレエアカデミーにて外崎芳昭、山崎敬子に師事。2000年、ロシア国立ワガノワ・バレエアカデミー留学。帰国後NBAバレエ団入団。2001年NBA全国バレエコンクール、シニアの部第3位受賞。 2003年、東京新聞全国バレエコンクール、パ・ド・ドゥ部門ファイナリスト。2006年4月、Kバレエ カンパニーに入団。2009年よりKバレエスクールにて教師を務める。

▶いろいろなバレエ教室を覗いてみる

<Text:富永明子+アート・サプライ/Photo:斉藤美春>

【お知らせ】
EPARKスポーツが主催する秋のスポーツイベント!
キタジマアクアティクスによる水泳教室、ランニング、ボルダリング、
トレッキング、ビーチサッカーなど、
ここでしか体験できないキッズ向けスポーツイベントです!
お申し込みは先着順!どのイベントも人数限定となりますので、お申し込みはお早めに!
>>お申し込みはこちら<<
https://sports.epark.jp/event_groups/1

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード