• Facebook
  • Twitter

王道派?穴場派? 箱根駅伝のオススメ応援スポット【箱根駅伝2018】 (3/3)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

・JR保土ヶ谷駅周辺(2区、9区)
・戸塚中継所付近(2区→3区、8区→9区)
・箱根湯本駅周辺(5区、6区)

 まず、最初の穴場スポットはJR保土ヶ谷駅周辺。横浜エリアは大体の場合、鶴見中継所と横浜駅前に人が集中します。そこからやや箱根方面に進むと混雑は緩和され、さらに“花の2区”や復路のエース区間である9区を堪能することができるでしょう。

 戸塚中継所は他の中継所に比べ、やや交通の便が悪いのが難点。しかしそのおかげで混雑は避けられ、復路の繰り上げスタートや貴重なタスキ渡しの瞬間を見られるかもしれません。

 箱根湯本駅の場合、ここまで来たら大体の人は芦ノ湖や小涌園など山中に進む人が多いため、駅前にも関わらず人が少ないのが特徴です。往路であれば、これから山に挑む5区の選手を。復路(6区)であれば山を下り終えて残り3㎞という、もっとも選手が苦しい瞬間を応援することができます。

▲箱根湯本駅

まとめ

 観戦スタイルは、人によってさまざまです。しかし、選手はものすごいスピードで通り過ぎるため、観戦自体は数秒から数分で終わってしまうかもしれません。せっかく現地へ行くのですから、「その後にどうするか」というところまで考えると、スムーズに観戦プランが立てられるのではないでしょうか。

 例えば……。

・大手町でスタートを見てから電車を乗り継ぎ、次の中継所へ移動・横浜駅前で観戦した後に、みなとみらいへ遊びに出かける

・箱根湯本駅で選手を応援した後、温泉街を堪能

・芦ノ湖で往路フィニッシュを見届け、そのまま箱根観光

 箱根駅伝は片道100㎞以上の長丁場なので、箱根駅伝の何が見たいか、交通手段はどうするかを明確に決めてから観戦すると良いでしょう。また観戦の際は、自転車で並走しない、歩道から身体を乗り出さないなど、マナーを必ず守るようにしてください。第94回大会まで残りわずか。今回は現地に赴き、母校やお目当ての選手を応援してみてはいかがでしょうか。

▼あわせて読みたい

箱根駅伝2018の注目ポイント&優勝校をズバリ予想!NGT48研究生・西村菜那子&"山の神"神野大地スペシャル対談(後編) | 趣味×スポーツ『MELOS』

▼こちらもオススメ

自分が走るとしたら何区が向いてる?箱根駅伝全10区(コース)の特徴 | トレーニング×スポーツ『MELOS』

<Text:松永貴允/Photo:Getty Images>

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード