• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

【開運ラン】スポーツ振興の神「亀戸香取神社」~「亀有香取神社」を、ランニング初心者が走ってみた (1/2)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 スポーツ振興の神で有名なのは「亀戸香取神社」ですが、その近くにスポーツ振興・足腰健康の神を祀る「亀有香取神社」もあることはご存知でしょうか。

 2つの神社は距離にして約8kmほど。このルートをランニングコースとした「開運ラン」があると聞きつけ、ランニング完全初心者である編集部O(筆者)と、フルマラソン完走経験者でもあるインターンの編集部Kが挑戦してみることにしました。

まずはランニングウエアを買うところから

 軽い気持ちで引き受けた初ラン。本当に何もかも初心者でしたので、まずはウエアを買うところから始めました。なるべく安く済ませたい……と、ユニクロやGU、H&Mなどを回りましたが、時期が時期だからでしょうか、スポーツウェア自体あまり置いておらず、最終的にもっとも品揃えが豊富だったForever21で購入しました。ゲットしたアイテムは以下の通り。

・ランニングパーカー 2,790円⇒1,395円(税抜)※50%off
・ランニングレギンス 2,290円(税抜)

 真冬の12月半ばでしたが、パーカーの下はヒートテックかTシャツでOKと聞いたので、この2点のみです。あとは靴下とランシューズさえあればすぐに走り出せます。

「道に迷いそう……」ランコースをチェックしよう

  ウエア問題を解決したところで、次なる問題はランニングコースの設定。亀有香取神社と亀戸香取神社間をgoogleマップで眺めていたのですが、絶望的に方向音痴である筆者、早々に諦め、しっかり者のKちゃんにすべてを委ねます。日頃からランニングに勤しんでいる彼女は、地図サイトで有名なマピオンが運営する「キョリ測」というアプリで、ルート確認や消費カロリー計算予測を行ってくれました。

▲「キョリ測」でルート検索。

ほかに必要なものは?

  ウエアのほかには何が必要なのか、具体的なイメージがとんと湧かなかった筆者に、Kちゃんがそっと「必要なものリスト」を作成してくれました。

◆必要最低限の服装
・ランニングウエア上下
・ランニングウエアの下に着るインナー(半袖あるいはヒートテック)
・靴下
・ランニングシューズ

◆必要なもの
・スポーツドリンク
・手袋

◆あるといいもの
・ワセリンやリップクリーム

 イヤーマフやネックウォーマーは、気温が低い日や寒がりな人はとり入れるとよさそうです。走っていると唇が渇いてきますので、女性であればリップクリームも持っておくと安心。一応タオルも持っていきましたが、その日は使用しませんでした。

朝10時、亀有駅で待ち合わせ

  そういえばランニングの前って、なにを食べればいいんだっけ? 「朝ラン時の朝食、いつ食べるのがベストなの?」を読み、バナナとヨーグルトにしようと考えていたのですが、なんだかんだでバタバタとしてしまい(ウエアが擦れないよう全身にベビーパウダーをはたいていたのが原因だったと思います)、結局コンビニで「ミニッツメイド 朝バナナ」を買うことに。亀有駅でKちゃんを待ちます。

▲亀有香取神社は南口方面。

 亀有駅といえば、あの国民的漫画「こち亀(こちら葛飾区亀有公園前派出所)」のモデルになった土地ではありませんか! 駅前に設置されている両さん像を見て、遅ればせながら気づきます。朝バナナだけでは足りない……駅前にあった和菓子屋さんで、かりんとうまんじゅう「亀万寿」を購入します。非常に美味しい。亀有駅周辺をランニングする際は、ぜひ買ってほしい一品です。

▲さすが亀有駅、お巡りさんをすごく見かけました。

▲カリッ、しっとり。亀万寿。

 ラン前の糖質摂取は完璧。Kちゃんと合流し、亀有駅から徒歩5分程度の場所にある、亀有香取神社からスタートすることにしました。荷物が多い人は、駅前のロッカーに預けることもできます。

▲憧れのラン女子に!

スポーツ振興、足腰健康の神「亀有香取神社」からスタート

  ここ亀有香取神社も、スポーツや健康のご利益がある神社です。こち亀本編でも何度も登場し、キャラクター絵馬もあります。

▲こち亀ドラマで両津勘吉役を演じた香取慎吾さんはじめ、主演メンバーも絵馬を奉納しています。

▲「キャプテン翼」作者の高橋陽一先生も葛飾区出身。

▲亀の銅像がおりました。狛犬ならぬ狛亀?

▲恋みくじを引く。神仏に祈れば恋愛運は完璧のようです。

 ウォーキングとストレッチを軽く行い、さっそくスタート。ランニング女子であるKちゃんは慣れた様子で走り出しますが、その速度に戸惑います。

O:速くない?
K:えっ、速いですか?

 少し速度を落としてもらいます。話しながら走っていると疲れるので無言がいいのかと思いきや、会話をしながら走ったほうがあっという間だと聞き、女子トークに花を咲かせます。スポーツドリンクは片手に持ったまま走るものなの?

▲平日のお昼に荒川沿いを走る。気持ちいい!

5分も経たないうちにさっそく疲れてくる

  走り出してから5分も経過していないにもかかわらず、早くも疲れてきました。持久力に不安を覚え始めます。「いま何km?」「もう少しで1kmですかねー」。今回の神社ランの距離は約8km。あと7km以上もあるのか……現実逃避を始めて景色を見ると、雲一つない素晴らしい青空が視界いっぱいに広がっていました。光を受けてキラキラと水面を輝かせる川。この日は比較的気温も高く、まさに絶好のランニング日和でした。

▲川沿いをロードバイクで走る人の姿もちらほら。

 半分を走ったあたりで、膝の裏あたりが少し強ばってきます。「膝の裏が痛いよぉ……」と泣き言を訴えたところ、「足が動かなくなったら、腕を思いっきり振るといいですよ!」というポジティブ発言をいただいたので、言われたとおりに腕を振ります。不思議と、足もつられて動き出しました。

 やがて、大きな橋の上を一直線で渡るコースに差し掛かります。広々とした道で景観もよかったため、まるで海外の道路を走っているかのような気分に。「海外だったらもっとラン中の人とすれ違うだろうね」「向こうの人のフィットネスウエアって、露出すごすぎだよね」会話を楽しんでいるうちに、スカイツリーが見えてきました。確実に進んでいます!

▲スカイツリーが近い。

 赤信号のときに少し休みつつも、足は重く、膝裏あたりの痛みも顕著になってきます。それでも、あと少しで到着という希望を胸に走り続けます。フルマラソンを走る人ってすごい……ウルトラマラソンとか、脚が取れちゃうのでは……。

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード