• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

【開運ラン】スポーツ振興の神「亀戸香取神社」~「亀有香取神社」を、ランニング初心者が走ってみた (1/5)

 スポーツ振興の神で有名なのは「亀戸香取神社」ですが、その近くにスポーツ振興・足腰健康の神を祀る「亀有香取神社」もあることはご存知でしょうか。

 2つの神社は距離にして約8kmほど。このルートをランニングコースとした「開運ラン」があると聞きつけ、ランニング完全初心者である編集部O(筆者)と、フルマラソン完走経験者でもあるインターンの編集部Kが挑戦してみることにしました。

まずはランニングウエアを買うところから

 軽い気持ちで引き受けた初ラン。本当に何もかも初心者でしたので、まずはウエアを買うところから始めました。なるべく安く済ませたい……と、ユニクロやGU、H&Mなどを回りましたが、時期が時期だからでしょうか、スポーツウェア自体あまり置いておらず、最終的にもっとも品揃えが豊富だったForever21で購入しました。ゲットしたアイテムは以下の通り。

・ランニングパーカー 2,790円⇒1,395円(税抜)※50%off
・ランニングレギンス 2,290円(税抜)

 真冬の12月半ばでしたが、パーカーの下はヒートテックかTシャツでOKと聞いたので、この2点のみです。あとは靴下とランシューズさえあればすぐに走り出せます。

「道に迷いそう……」ランコースをチェックしよう

  ウエア問題を解決したところで、次なる問題はランニングコースの設定。亀有香取神社と亀戸香取神社間をgoogleマップで眺めていたのですが、絶望的に方向音痴である筆者、早々に諦め、しっかり者のKちゃんにすべてを委ねます。日頃からランニングに勤しんでいる彼女は、地図サイトで有名なマピオンが運営する「キョリ測」というアプリで、ルート確認や消費カロリー計算予測を行ってくれました。

▲「キョリ測」でルート検索。

ほかに必要なものは?

  ウエアのほかには何が必要なのか、具体的なイメージがとんと湧かなかった筆者に、Kちゃんがそっと「必要なものリスト」を作成してくれました。

◆必要最低限の服装
・ランニングウエア上下
・ランニングウエアの下に着るインナー(半袖あるいはヒートテック)
・靴下
・ランニングシューズ

◆必要なもの
・スポーツドリンク
・手袋

◆あるといいもの
・ワセリンやリップクリーム

 イヤーマフやネックウォーマーは、気温が低い日や寒がりな人はとり入れるとよさそうです。走っていると唇が渇いてきますので、女性であればリップクリームも持っておくと安心。一応タオルも持っていきましたが、その日は使用しませんでした。

次ページ:朝10時、亀有駅で待ち合わせ

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード