• Facebook
  • Twitter

朝ラン時の朝食、いつ食べるのがベストなの? (1/3)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 これから朝ランを始めようと思っている方や、すでに毎朝走っているという方も、もしかしたら疑問に思っている朝ラン時の朝食問題。走る前に食べるか、走った後に食べるか、慌ただしい朝の時間をやりくりしてつくる朝ランの朝食は、なかなかに悩ましいところだと思います。

 そこで、朝ランの効果を最大限に上げ、出勤後の仕事の能率アップも期待できる朝ランニング時の朝食を食べるタイミングや内容、おすすめのメニューについてご紹介します。

▶全国約1,100のスポーツ教室を検索するなら「EPARKスポーツ」へ

朝ランはカラダが「走るモード」になってから!

 早朝の清々しい空気の中を走る朝ラン。余裕をもって起床するも、それでも限られた朝の時間。出勤時間を逆算しつつ、起き抜けにランニングウェアに身を包み、外に飛び出してはいませんか?

 そもそも、朝ランは起床後どれぐらいでスタートするのがベストなのでしょうか? Japanマラソンクラブの管理栄養士で、ジョギングインストラクターでもある深野祐子さんに聞きました。

「起床後すぐのカラダは血圧の変化が大きく、体温も低い状態で<走るモード>にはなっていません。また、就寝中にかいた汗で水分不足状態でもあり、目覚めてすぐのランニングはおすすめしません。起床後20〜30分程してカラダを<走るモード>に切り替えてからスタートするのがおすすめ」

 起床後は必ず1杯の水(もしくは白湯)で水分補給、背伸びや深呼吸をして全身に血液をめぐらせる、走る前のエネルギー補給をする。目覚めたら身支度とともに、カラダが走るモードに切り替わる20〜30分の間にこれらのことをするとよいとのことです。

朝ランニングの朝食はいつ食べる?

 朝ランをスタートするのは、起床後のカラダが走るモードに切り替わってから。起床後必須の水分補給や血液を全身にめぐらせるためのちょっとしたウォーミングアップ、走る前のエネルギーの補給。では、どんな物でエネルギーチャージすればよいのか、また、朝食のタイミングは?

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード