• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

手ぶらでOK!はじめてのテニススクール

 錦織圭選手や大坂なおみ選手など、日本人選手が世界で大活躍中のテニス。様々な運動センスを磨くことができる万能なスポーツです。

 子どもの習い事としてやってみたいけれど、「テニススクールやテニスクラブだとお金がかかるし」「テニスって難しそう」とお考えの皆さまへ。子どもたちが手ぶらで気軽に参加できる、テニスの基本を学べる体験教室について、子ども向け習い事・教室を運営する「EPARKスポーツ」開催のテニスのスポーツプログラムからご紹介します。

テニスが子どもに与えるさまざまなメリット

テニスは、

・道具(ラケット)を操作する能力
・ボールとの距離を感じ取る能力
・自分の思った通りにカラダを動かす能力

 など、様々な体の能力が求められるスポーツです。ボールを追いかけて走り、見て、打つ。楽しみながら運動量もしっかり得られます。特に、「打つ」という動作はなかなか日常生活では行わないので、ぜひテニスで体験してもらいたいもののひとつです。

テニスを始めるなら9歳以下から!

 運動におけるセンスは、生まれつきの能力よりも、9歳までいかにボール遊びをしたかが大きな影響を与えているといわれています(子どもの運動神経を左右する「コーディネーション能力」とは?ゴールデンエイジ期におすすめのトレーニングも解説)。センスは楽しいという気持ちや成功体験を通して、繰り返し続けることで養われていくといわれています。

 なかなかお子様が成功体験を積み重ねるというのも難しいと思うので、プロのコーチと一緒に「できた!」を体験してみませんか?

 小さなお子様には「大きいラケットをボールに当ててみる」ことから始める場合もあります。少しでも楽しい体験をして帰っていただけるように工夫してレッスンを行っています。

楽しいミニゲームなどで腕を磨こう

 ほとんどのお子様がテニスを行うのがはじめてだと思うので、まずはラケットをボールに当ててみることから始めます。その場でぽんぽんとボールをリフティング、仲間たちと楽しいミニゲームなど、段階を踏んでラリーができるように練習を積んでいきます。

 何よりも楽しさを大切にしていて、お子様には飽きることなく初めてのテニスを楽しんでいただけます。

 コーチに続いて練習をしていくうちに、最終的にはラリーができるようになります! ラリーが続くとうれしくなって、もっともっとテニスがしたくなること間違いなし。長くテニスを趣味として続けたくなるお子様も出てくるかもしれませんね。

EPARKスポーツのサイトを見る

<Text:編集部>

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -