• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

NMB48磯佳奈江「サッカーを通じて折れない心を手に入れました」(後編)│アイドルと、スポーツと、青春と。#24 (1/3)

 スポーツにガチで打ち込んだ経験を持つアイドルに、その思い出や競技の魅力について語ってもらうインタビュー連載「アイドルと、スポーツと、青春と。」。

 今回登場するのは、「全日本U-12サッカー選手権大会」の公式レポーターやINAC神戸レオネッサ応援大使を務めるなど、サッカー経験を活かした仕事もこなしているNMB48の磯佳奈江さんです。

 物心がつく前から家族とサッカースタジアムに通い、小学校3年生からサッカーをはじめた彼女。当時のチームメイトの中には、現在もプロで活躍する選手もいるほどレベルの高い環境で練習を続け、6年生のときには全国大会でベスト8に。中学では、男子に混ざってサッカーを続けたことで、体格の差で負けないための強い精神力が鍛えられたとか。

 後編では、中学時代のことを尋ねました。また、磯さんはNMB48卒業が9月に迫っています。今後はどのような仕事に挑みたいのでしょうか。併せて伺いました。

男子に混じってサッカーをした中学時代

――中学校では、男子のチームに入ったんですね。

サッカーをやりたい女子が十数人いたんですけど、女子サッカー部にはできなかったんです。だから、男子のサッカー部に入りました。でも、中学生になると体格差で男子に敵わなくなって、中3の頃にはほとんど試合に出れなくなってすごく悔しかったです。女子だけの大会に出れたら、けっこう強かったと思うんですけどね。

――練習も男子と同じ量だと、女子にとって辛い部分もありそうです。

そうですね。特に走り込みの量が半端なくて。男子と同じ量を走るのはとても辛かったです。特に練習の最後にいつもやる恒例のメニューがあって。決められた秒数内にグラウンドの端から端まで走ってくるんですけど、ひとりでも間に合わなかったら連帯責任で本数が増えるんです。どう考えても女子のほうが不利じゃないですか。なのに条件が一緒なんですよ。女子に対する男子の目つきがギラついて、嫌な感じでした(笑)。あと雨の日は筋トレが中心になるんですけど、それも男子と同じ量をこなさないといけなかったので辛かったです。

――部活は週に何回あったんですか?

月曜以外は毎日練習でした。放課後だけでなく朝もあって。寒い時期は練習に行くのが億劫でしたね(笑)。

――試合に出場することはあったんですか?

中2くらいまではちょこちょこ出場してたんですけど、基本はBチームでした。あと、こちらはあんまり気にしてなかったんですけど、対戦相手からは「なんで女が出てるんだ」っていつも言われてました。

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード