• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

業界最大手・RIZAP(ライザップ)の無料カウンセリングに行ってみた│まずはお試し!パーソナルジム探訪

 「パーソナルトレーニング」「パーソナルジム」といった言葉は、筋トレ好きの間のみならず、いまや一般的に知られるようになってきました。とはいえ、興味がある方にとっては、「どんなサービスを受けられる?」「どんな効果やメリットがある?」「料金は高いんじゃないの?」「トレーナーさんはどんな人?」などなど、疑問は多いでしょう。

 そこで、MELOS編集部では、ほとんどのパーソナルトレーニングジムが新規客向けに実施している「無料カウンセリング」に着目し、実際に店舗に伺う体験連載企画「まずはお試し!パーソナルジム探訪」をスタートしました。

 初回に訪れたのは、パーソナルトレーニングジムの代名詞的な存在として知られ、業界最大手のRIZAP(ライザップ)。企業ロゴを見ただけで、有名なタレントを起用したテレビCMが頭に浮かぶという人もいることでしょう。

ライザップ

ジムの施設をチェック

 若い頃より食べていないのに、むしろ太ってしまった――。アラフォー筆者の「腹囲」は85cmを超え、メタボの入り口に差し掛かっています。しかし自主的に始めた運動は長続きせず、ネットで取り寄せた健康器具も埃を被りがち。もはや、自力のダイエットには限界を感じてきました。そんなときに、今回の企画を編集部から相談され、「ぜひ!」と即答。今回は、「RIZAP 西麻布店」に行ってきました。

▲エントランスで受付

 エントランスで受付を済ませると、まずは館内を案内されました。5部屋あるトレーニングルームに、シャワールーム、更衣室。ここ西麻布店は2018年7月にオープンしたばかりで、清潔感ある内装が好印象です。さて、個室で体重と血圧を測ると、いよいよカウンセリングルームに案内されました。

▲トレーニングルームはすべて個室

▲シャワールーム、更衣室とも清潔感がありました

カウンセリング開始。11万人のデータをもとに提案

 出てきたカウンセラーは、予想に反して(?)ガチムチではなく、小柄で話しやすい小麦肌の若い女性! ここでは身長、体重などのほか、普段の生活習慣などをヒアリングされます。

 「どんな体型になりたいですか?」と聞かれ、iPadに表示された上半身のイラストを指差す筆者。「お腹が引き締まれば良いんです。こんなお腹になれたら」「健康的な身体ですね。男性なら、体脂肪率は10%前半が、BMIは22辺りが理想値と言われています」。穏やかにヒアリングが進んでいきます。

▲こんな体型になれたら、女性にもモテるかも……。夢が膨らみます

 現在の「体重」と「体脂肪率」が、今後どのように推移していくのか、グラフで示してもらうことでイメージもつかめてきました。話によれば、体重はすぐに落ちるけれど、そのあとで体脂肪率を落とすのに相応の時間がかかるんだとか。

 ライザップでは、これまで蓄積してきた11万人超の利用者のデータをもとに、その人が無理なく頑張れるロードマップを作成し、提案していきます。「今年中にぽっこりお腹が凹むのであれば、来年度から新たな気持ちで良いスタートが切れるかもしれない」などと、早くも皮算用を始める筆者。

▲体重と体脂肪率の推移予想。シェイプアップ期(=痩せる)、スタイルデザイン期(=鍛える)、マネジメント期(=維持する)に分かれています

 ライザップでは厳しいトレーナーのもと、厳しいトレーニングが行われているという先入観がありましたが、むしろ逆で、身体に負荷がかかるような急激なダイエットは行わないとのこと。リバウンドを防ぐためにマネジメント期(維持期間)を設けていることも初耳でした。

▲カウンセリングでは「痩せたらやってみたいこと」といった、具体的な目標も決めていきます

トレーナーのマッチングも大事

 身体を絞るにあたり、利用者とトレーナーの信頼関係は非常に重要です。信頼でき、励ましてくれるトレーナーが側にいるからこそ、重いバーベルも持ち上げられる。そんなこともあるでしょう。しかし、ひとくちにトレーナーといっても、経験豊富、優しい、知識がありアドバイスが的確、少し厳し目にハッパをかけてくれる、などさまざまなタイプがいます。

 そこでライザップでは、カウンセリングの段階で、その利用者のモチベーションを最も引き出せるであろうトレーナーをマッチングするそうです。「それもカウンセラーの大事な役目ですね」と担当者。極端な例では、女性の利用者がイケメンのトレーナーを指名する、そんなケースもあるのだとか。人材豊富な大手だからこそ実現できるサービスとも言えそうです。

 このあともカウンセリングは続きました。食事の習慣は、仕事はデスクワークが多いのか外回りはするのか、理想の体型の芸能人は、これまでダイエットで失敗した経験は、なぜ痩せたいのか、身体のどこが気になるのか、痩せたら何をしたいか――。その人の日常生活や目標設定まで掘り下げていきます。担当してくれたカウンセラーは話しやすく、まるでクリニックでカウンセリングを受けているような安心感がありました。

 印象に残ったのは、「ライザップでは、利用者の生活習慣を覆してまでトレーニングを実施する、ということはしません。利用者のストレスになることは、結局、長続きしないからです。いまの生活習慣の中で、いかに身体を鍛えていけるかを考えます。そういった意味では、お酒をやめてくださいとも言いません」という説明。気張って無理しなくても良いんだ、トレーナーと相談しながらやっていけば良いんだと思うと、心が少し楽になります。

このまま帰ってもいいの?

 全ての説明が終わってから、ライザップで用意しているプログラムの利用料金が提示されました。コースにより金額は異なりますが、例えば2か月間・全16回の「シェイプアッププログラム」であれば、入会金5万円+コース料金29万8,000円=34万8,000円(税別)とのこと。

▲最後にプログラムの利用料金が提示されました

 話だけ聞いて、このまま帰ってもいいのでしょうか。担当者は「無料カウンセリングには、学生さんや若い方の姿もあります。そうした場合、金額の問題もあり、すぐに契約とはいきません。でも、私たちを頼って来ていただけるのが、こちらとしては非常にうれしいんです。社会人の方であれば、会社の休憩時間、あるいは仕事が早く終わったときに寄ってみた、という方もいらっしゃいます。それでかまいません。ぜひ、お気軽に来ていただければ。身体の悩みは、身近な人には話しにくい。でも店舗には、親身になって的確にアドバイスできるカウンセラーが常駐しています」と説明します。

 話によれば、60分超の相談を通じて痩せるまでの道筋がハッキリすることで、利用者の意欲も沸くため、入会率も総じて高いとのこと。ライザップ側のサポート体制や、充実した施設を確認することで信頼できる部分もあるのでしょう。

 お客さんの傾向として「健康のため長くトレーニングを続けたい」という人もいるけれど、何かの目標のために「理想の体型を早く手に入れたい」という人も多いとのこと。ビジネスマンが心身の充実のために定期的に鍛える、女性なら結婚のためにドレスを着たい、あるいは産後のボディメイクに。店舗の設置された地域がオフィス街か、住宅街かでも、利用者のニーズは異なってくるとの説明でした。

 無料カウンセリングに抱いていた「高い契約を結ばされそう」といった怖い先入観も解け、とりあえず頭の中だけはスッキリしてライザップを後にしました。お腹まわりがスッキリする日も近い予感がします。

《取材協力》
[RIZAP 西麻布店]
住所:東京都港区西麻布3-24-20 西麻布霞町ビル2F
最寄り駅:六本木駅 徒歩10分
▶ライザップ公式サイトで詳細をチェックする


ライザップ

<Text:近藤謙太郎/Photo:編集部>

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series