ギア&アクセサリー
2023年6月7日

腹筋ローラーの失敗談「腰が痛い」、原因と改善ポイント (1/2)

腹筋を割るトレーニング器具といえば「腹筋ローラー」。価格も安く、Amazonなどで2000円程度で購入できますが、結構使い方が難しい! 転がすだけでは腰や手首の痛みを引き起こすことも。筋トレ初心者“あるある”の腹筋ローラー失敗談から、正しいフォームとやり方を探っていきます。

腹筋ローラーで腰を痛める原因

ローラーを押すとき、背中を丸めていないから

腹筋ローラーを前方へ転がす際は、「背中を丸めながら」がマスト。おへそを見るように軽く猫背くらいをキープしながら、ゆっくりと少しずつ押していきましょう。

背中を丸めないフォームで行ったり、キツイからと素早く行ってしまうと、腰まわりに大きな負担が加わります。

とても危険なので、初心者は無理は厳禁。はじめは膝つきで、できる範囲内で行いましょう。

超初心者向け! 膝をついた腹筋ローラーのやり方

はじめは膝をついて行いましょう。いわゆる「膝コロ」ですが、これでも充分な効果が見込めます。

  • 膝をつき、両サイドについたグリップを両手で握る
  • おへそを見るように背中を丸めながら、まっすぐ押していく

お腹に力を入れて押していきましょう

5回×3セット行います。

無理に引き戻さなくてOK

また、限界までローラーを押した後、筋力がない人はまず引き戻すことができません。そのため、はじめのうちは無理に引き戻さなくてもOKです。

代わりにそのまま姿勢をキープしましょう。

まずは20秒キープ! これでもかなりキツイ!

押すときに息を吸い、引き戻すときに息を吐くとさらに効果的です。

関連記事:スクワット効果を高める「呼吸のタイミング」とは。いつ吸って、いつ吐くか【筋トレ】

ちなみに腹筋ローラーで鍛えられるのは、お腹の筋肉だけではありません。

1 2