• Facebook
  • Twitter

コミュニケーション能力が高すぎる夫のおかげで体調管理はばっちり! ラグビー日本代表・山田章仁の妻・山田ローラ<前編>【アスリートの妻が教えるとっておきレシピ #5】 (2/3)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク
 試合の前の日にカーボローディング(※)をするので、次の日に備えて炭水化物をものすごいいっぱい食べるんですが、わが家で定番食みたいになっているのが餅を豚肉で巻いて焼いて、それをご飯にのせて食べるっていうダブル炭水化物ですね。

 餅の豚肉巻きをちょっと濃いめの照り焼き風にして、それをご飯にのせる炭水化物on炭水化物なんてけっこうとんでもなくって、一般の人には考えられないですよね(笑)。でも、1試合で7kgも痩せるっていう選手もいるぐらい、それぐらい試合で消耗してしまうので、その分前の夜に食べないとやっぱり後半バテちゃうって言ってますね。

▲山田家の「勝負メシ」餅豚肉巻き(写真上の:中央と写真下)をメインのオカズに。これをご飯にのせて丼にして食べるのだとか!(写真:本人提供)

――では山田家の「勝負メシ」は、そのライスon餅豚肉巻きということになりますか?

 そうですね、餅豚肉巻き丼(※レシピはのちほどご紹介!)ですね。ガッツリ系ですよね、かなり(笑)。私は重たすぎて食べれないです。オカズにお餅!? って思いますよね(笑)。

 そのほかにも、サラダとかの野菜と鶏肉も食卓に出します。鶏肉はその日だけは塩胡椒がいいって言うので、鶏肉を焼いてホントに塩コショウだけのシンプル〜なものと、あとはだいたいフルーツで、キウイをよく出しますね。ゴールデンキウイが好きなので。

――それほど消耗すると、試合が終わった帰宅後はぐったりですか?

 アドレナリンが出ているのでぐったりはしていなくて逆に元気なんですけど、でもすっごくお腹が空いているので、帰りの車の中でお弁当を2個ペロリと食べちゃったりとか。それで家で夕飯も食べて、その日だけデザートを食べるようにしているらしいです。本人のご褒美的な。ふだん食べないアイスとか。いつもはぜんぜん食べないんですけど(笑)。

――山田選手は、ゲン担ぎをすることはありますか?

 それはないです。本人は実はすごいこだわってたんですけど、私が「そんなんじゃ、環境が変わると勝てなくなっちゃうよ」って言って、こだわりがなくなりました(笑)。

――山田選手のゲン担ぎのこだわりをとられたのはローラさんということですか!

 私がとっちゃいました(笑)。ラグビーって遠征がすごく多くて、南アフリカとかいろんなところに行くんです。けっこう過酷な環境のところもある。なので勝つためのそういうルーティン(ゲン担ぎ)を作っちゃうと、たとえばそういう場所に行ってできないと精神的に「あれできてない」「これできてない」「今日調子のらない」ってなっちゃうから、もう全部ヤメなって言って。そしたら意外とあっさり「ああ、OK」って。

――遠征や練習などで山田選手が家にいないときは、ローラさんから食事面などのアドバイスをしたりしますか?

 ちょっと前までは写真を送ってきて「今日はご飯こんな感じだった」とか「何が足りないと思う?」とか聞いてきたりしてて、「ああ、じゃこれプラスした方がいいんじゃない」とかアドバイスをしていました。でも、今ではけっこう自分でも分かってるみたいなので、それもなくなりましたね。

――毎日の食事作りを楽しむコツとかはありますか?

 (遠征などが多くて)毎日作っているわけじゃないので続けられるっていうのはあります。だから毎日献立を考えて作っている人を逆に尊敬します。絶対できないと思う。レパートリーが少なすぎて、たぶん途中から毎日一緒になっちゃうと思う(笑)。なので、ほどほどに。そのかわり、家にいるときはしっかり作って食べてもらおうって思います。

ペンネアラビアータの腕を上げてランキング入りを狙ってます!

――オフのときは外食とかされたりするんですか?

 オフは外食が多いです。普段行けないところに行ってみようとかっていうので、いろいろあっちこっち行ったりしますね。そういうのもけっこう楽しいです。

――そういう外で食べたものとかを家で作ってみようとチャレンジしたりしますか?

 ペンネアラビアータはチャレンジしてみました。彼の大好物で、イタリアンに行ったら必ずペンネアラビアータを頼むんです。どのお店がいちばん美味しいみたいな、彼なりのランキングがあるみたいで。トップ10ぐらいまであって、その中でちょっとがんばって私のペンネアラビアータがトップ5ぐらいには入ってほしいっていうのはありますね(笑)。

--お酒とかも飲んだりしますか? 2人で家呑みとか。

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード