• Facebook
  • Twitter

できる限り長くラグビーを続けてほしい。だから私は全力でサポートする。ラグビー日本代表・山田章仁の妻・山田ローラ<後編>【アスリートの妻が教えるとっておきレシピ #5】 (1/3)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 スポーツ選手を夫に持つアスリートの妻(アス妻)。ご自身も著名人として活躍されている注目のアス妻たちにご登場いただき、食事作りや勝負メシ、さらには日々の暮らしのことなどをお訊きします。

 インタビュー当日、ベビーシッターさんの急病で急きょ双子ちゃんとともに現場にいらっしゃった山田ローラさん。1人をベビーラップで胸に抱え、もう1人を乗せたベビーカーを押して現れた彼女は、まさに子育て奮闘中のママ。インタビュー後半では、アスリートの妻としての覚悟や仕事を持つ母としての暮らしのこと、育メンだという山田章仁選手のこと、そして将来の夢について伺いました。

前編はこちら

コミュニケーション能力が高すぎる夫のおかげで体調管理はばっちり! ラグビー日本代表・山田章仁の妻・山田ローラ<前編>【アスリートの妻が教えるとっておきレシピ #5】 | 健康×スポーツ『MELOS』

▶マンツーマンで理想のカラダに! 全国のパーソナルジムを探す

一緒にいる時間が少なくても、長くラグビーを続けてもらいたい

――ご結婚されるとき、アスリートの妻になる決意みたいなことはありましたか?

 (ラグビーは)遠征が多いから、記念日とかイベントごとにあんまり一緒にいられないけどごめんね、みたいなことは結婚する前から言われていて、ホントに誕生日、クリスマス、記念日とかあまり一緒にいられないのでそれはけっこう覚悟しましたね。

 双子の誕生日もいられないし、私の誕生日もかれこれ3年ぐらい一緒にいないし、クリスマスもお正月もここ3年ぐらいは一緒に過ごしてないですから。でも、ラグビーをとりあえず長くしてもらいたいので、そこで文句を言ってちゃダメだっていうのはあったりしましたね。

――結婚したらサポートが大変だとか、そういった不安はなかったですか?

 サポートはやっぱり、代表に選ばれなくなっちゃったらどうしようとか、致命的なケガをしちゃったらどうしようとかっていう心配はもう絶えないです。

 彼も32歳なので、選手生命があとどれぐらい残ってるんだろうっていう時期にさしかかってきて、そういうのを考えるとさみしいやら、悲しいやら。なので本人が極力長く選手生活ができるように私もサポートできたらなとは思いますね。

母から受け継いだ暮らしの工夫は、大変なときこそ笑って過ごす!

――アスリートの旦那さまを支える妻で、双子ちゃんのお母さんで、しかも仕事もしていて。そんな多忙な中で時間のやりくりや家事の段取りとか、工夫していることはありますか?

 工夫? うーん、なんだろう。けっこうもう今、双子が動きはじめちゃってお昼寝する時間も少なくなってきたので、夜にどれだけ早く寝かせられるかっていうのが勝負ですね。その寝たあとにどれだけ家事とか、いろいろとお仕事とかができるかっていうのが毎日の戦いです(笑)。

 子どもたち2人とも歯が生えてくるのがすごく遅くて、ちょっと時間がかかっちゃったんですけど、ようやくペースト状からモグモグできるようになってきたので、山田に作るトマト煮込みとかの塩分を少なくして大量に作ってストックしたりしていますね。

――お仕事で出かけなくてはいけないときなど、仕事と家のこととの兼ね合いはどのようにされていますか?

 私は親戚が近くにいないので、手助けしてくれる方がいないんですね。彼の実家も九州なので、みんな遠いんです。だからお仕事のときはシッターさんに頼んだりとか、どうしてもしょうがないときは一緒に現場に連れて行ったりとかしています。

 それと今は家でできるお仕事もやらせていただいていて、広告やテレビのお仕事のほかに、今はコラムや取材など家でできる書きもののお仕事とかもけっこうやらせてもらっています。なので双子の寝ている隙をみて、パーッと書いて。そういうところは普通のお母さんと変わらないです。ほんと、フツーだと思います(笑)。

 でもやっぱり子どもが2人いて、どうしても自分がパニックになっちゃうときは極力笑うようにはしてます。私の母親がけっこう楽観主義者なんで、それを受け継いでいちばん大変なときこそ笑って過ごそうっていう(笑)。

――ご結婚されるときにお仕事を辞めるという選択肢はなかったですか?

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード