• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

運動に適した飲み物は?有名スポーツドリンクの成分を比較してみた (3/3)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

6)グリーン ダ・カ・ラ(サントリー)
 糖分がやや高め。クエン酸も含まれています。

【エネルギー】19kcal
【炭水化物】4.9g
【ナトリウム】40g(食塩相当量0.101g)
【アミノ酸】0.5~5.0g
【その他】クエン酸140mg、カリウム11g、ビタミンC

7)ライザップ プロテインボトル(キリン)
 塩分がもっとも低い点が特徴的。ラベルには「低糖質」と書かれているものの、炭水化物の少なさではヴァームウォーターに軍配となっています。タンパク質(プロテイン)の含有量もアミノバリューと同等です。

【エネルギー】12kcal
【炭水化物】1.9g
【ナトリウム】食塩相当量0.03g
【アミノ酸】なし
【その他】プロテイン(タンパク質)5000mg(1本あたり)

 こうして比較してみると、同じスポーツドリンクでも成分には大きく違っており、特徴が浮き彫りになってきました。中には、意外に思われた結果もあったのではないでしょうか。

それぞれのスポーツドリンクの摂取方法は?

 各スポーツドリンクの栄養量を踏まえ、おすすめの飲み方についてご紹介しておきます。あくまで筆者の視点によるものですが、参考にしてみてください。

[1]長時間の運動時(前後)……ポカリスエット、アクエリアス、グリーン ダ・カ・ラ
[2]ダイエット中……ヴァームウォーター
[3]疲労を回復したい……アクエリアスビタミン、アミノバリュー、ヴァームウォーター
[4]筋力トレーニング時(前後)……ライザップ プロテインボトル、アミノバリュー

 [1]は炭水化物(糖分)の含有量、[2]はカロリー、炭水化物の少なさ、[3]はクエン酸・アミノ酸の含有量、[4]はタンパク質(プロテイン)の含有量から判断しました。

 スポーツドリンクのラベルに注目すると、そのほとんどに「人工甘味料(スクラロース)」が含まれていることが分かります。スクラロースを含むことでカロリーが抑えられるため、ダイエット中の方などは、ついつい選んでしまうのではないでしょうか。この「スクラロース」とは、砂糖の約600倍もの甘味があるとされる添加物。中には「身体に悪い」とする専門家の意見もあり、あまりガブガブと多量に摂取することは避けた方が良いかもしれません。味や価格はもちろん大切ですが、身体に入るものですから、含まれる栄養素にもぜひ着目してみてください。

ジムで運動したいあなたに

・BODY MAKE GYM CLOVER
 マンツーマンで丁寧な指導を受けたい!というあなたにおすすめなのが、六本木にあるパーソナルトレーニングジム「BODY MAKE GYM CLOVER」。トレーナーは、マッチョアイドル「マッチョ29」にも所属する植田知成さん。トレーニングの仕方がわからず、「全部教えてください!」という人が多く来るのだとか。

・マンツーマン・ボディメイクジムBodyke
 健康的に3食しっかり食べながら『痩せる』『引き締まった美ボディー』『基礎体質の改善』の効果を得られるオリジナルメソッドを提供している、パーソナルトレーニングジム「Bodyke(ボディーク)」。好きなモノを食べながら体を引き締める、【糖質制限なし】【有酸素運動なし】のボディークメソッドをゲットしましょう。

<Text:松永貴允/Photo:Getty Images>

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード