• Facebook
  • Twitter

運動に適した飲み物は?有名スポーツドリンクの成分を比較してみた (1/2)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 運動で失った水分や栄養を、素早く補給できるスポーツドリンク。コンビニやスーパー、ドラッグストアなどで手軽に購入することができますが、種類が多いため「どれにしようか」と迷ってしまうこともあるでしょう。

 もちろん、見た目や好みの味で選ぶ人も多いはず。しかしやっぱり気になるのは、ドリンクに含まれている栄養などの成分です。そこで代表的なスポーツドリンクを例に、成分表示からその中身を比較してみました。スポドリ選びの参考に、ぜひご覧ください。

▶全国約1,100のスポーツ教室を検索するなら「EPARKスポーツ」へ

スポドリに含まれている成分はどんな成分?

 スポドリを比較する前に、まずはスポーツドリンクに含まれている代表的な成分を確認してみましょう。商品ごとにいろいろな栄養素が含まれていますが、ここでは主に以下4つの主要な栄養素から比較していきます。

1)エネルギー(カロリー)
スポーツドリンクは比較的カロリーが低め。中にはカロリーゼロの商品もあります。

2)炭水化物(糖質)
ここでいうところの炭水化物は、いわゆる「糖分」を表します。スポーツドリンクは糖分が多めに含まれているので、日常で頻繁に飲むことはおすすめしません。

3)ナトリウム(塩分)
「ナトリウム量 (mg)×2.54÷1,000=食塩相当量(g)」の計算式から、食塩相当量を測ることができます。(グリコ 栄養成分百科より http://www.glico.co.jp/navi/dic/dic_30.html

4)アミノ酸
BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシンの総称)、アルギニン、グルタミンなどがあり、免疫力の向上や筋肉疲労の抑制にも効果あるとされます。まさに、運動時に着目したい栄養素と言えるでしょう。

7種類をピックアップ!主要スポーツドリンクの成分は!? 

 それでは、各種スポーツドリンクの成分を比較していきしょう。世の中には数多くのスポーツドリンクが販売されていますが、ここでは7つに絞ってご紹介していきます※栄養成分は100mlあたり。

1)ポカリスエット(大塚製薬)
 もっとも塩分(ナトリウム)と糖分(炭水化物)が多く含まれており、カロリーも高い数値となっています。

【エネルギー】25kcal
【炭水化物】6.2g
【ナトリウム】49g(食塩相当量0.124g)
【アミノ酸】なし
【その他】カルシウム2g、マグネシウム0.6g、ビタミンC

2)アクエリアス(コカ・コーラ)
 平均的に必要な栄養素を網羅しているほか、疲労回復に効果的とされるクエン酸も含まれています。

【エネルギー】19kcal
【炭水化物】4.7g
【ナトリウム】食塩相当量0.1g
【アミノ酸】バリン1mg、ロイシン0.5mg、イソロイシン1mg、アルギニン25mg
【その他】マグネシウム1.2g、ビタミンC、クエン酸

3)アクエリアスビタミン(コカ・コーラ)
 アクエリアスと比較してアミノ酸は含まれていませんが、その分、ビタミンCとクエン酸の濃度が高くなっています。

【エネルギー】18kcal
【炭水化物】4.6g
【ナトリウム】40g(食塩相当量0.101g)
【アミノ酸】なし
【その他】ビタミンC 200g、クエン酸200mg、ナイアシン(ビタミンB3)1.8mg

4)アミノバリュー(大塚製薬)
 その名の通り、アミノ酸の含有量が抜きん出ています。また、今回比較した中では、クエン酸の含有量も最大です。

【エネルギー】18kcal
【炭水化物】3.6g
【ナトリウム】49g(食塩相当量0.124g)
【アミノ酸】バリン200mg、ロイシン400mg、イソロイシン200mg、アルギニン200mg
【その他】クエン酸450mg、カリウム20mg

5)ヴァームウォーター(明治)
 カロリーゼロと糖分の低さが特徴。アミノバリューよりは少ないものの、アミノ酸含有量も高くなっています。

【エネルギー】0kcal
【炭水化物】0.74g
【ナトリウム】40g(食塩相当量0.101g)
【アミノ酸】300g(バリン16.7mg、ロイシン19.6mg、イソロイシン14.4mgなど多数)
【その他】カルシウム4.6mg、マグネシウム1.2g、クエン酸カルシウム

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード