• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

「カッテージチーズ」が筋トレ後におすすめの食べ物である理由 (1/3)

 チーズといえば、老若男女に愛されている乳製品。その反面でカロリーが高いイメージが強く、どちらかというと“太る食べ物”の一種のような扱いを受けています。しかし、決してそんなことはありません。種類を選び、適量を摂取すれば、健康面でも美容面でも強い味方になってくれる優秀な食品なのです。

 今回は、低カロリーで低脂質、そして低糖質なチーズ「カッテージチーズ」の栄養と効果的な食べ方、自宅での作り方を紹介します。

カッテージチーズのタンパク質が筋疲労の回復に有効

 フレッシュチーズの一つとして知られるカッテージチーズは、低カロリーな食品といわれています。文部科学省の「食品成分データベース」によると、その数値は100gあたり105kcalほど。プロセスチーズが100gあたり339kcalほどなので、カロリーはおよそ3分の1という計算になります! クセの少ないさわやかな酸味がポイントで、野菜やフルーツとの相性も抜群です。

 管理栄養士のそのべひろみさんによると、カッテージチーズは疲労回復効果が高い食材の一つだそうです。

「スポーツの後にたんぱく質を多く含む食品を摂ることは、筋疲労の回復に良いとされています。カッテージチーズは100g中のたんぱく質が20g程度と、チーズの中でも割合が高いのが特徴。脂質も少なく、疲労回復に役立つビタミンB群も比較的含まれているため、スポーツ後に摂取するには良い選択肢のひとつだと思います。サラダなどに加えるのも良いですね」(そのべさん)

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード