• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

サラダチキンの次は“魚”。コンビニ「サラダフィッシュ」9種類の味・栄養・おすすめメーカーを比較 (1/4)

 いわずと知れた大ヒット商品・サラダチキン。低カロリーで高タンパク、糖質も脂質も低く、コンビニで買ってすぐに食べられる手軽さから大ブームとなりました。MELOS編集部でも、コンビニサラダチキン比較アレンジレシピなどでサラダチキンを取り上げてきましたが、最近ではサバやシーチキン系を使った「サラダフィッシュ」も登場し、人気となっています。

 そこで今回は、コンビニやスーパーで売られているサラダフィッシュ9種類を集めて食べ比べてみました。「どこで売ってるの?」という人のために、商品をゲットした東京都内の販売店も記載しています。

サラダフィッシュとは?

 サラダフィッシュとは、簡単にいうと「サラダチキンの魚バージョン」。鶏肉の代わりに魚肉のすり身やサーモン、マグロなどが使われています。サラダフィッシュは、サラダチキンと同様、そのまま食べてもOKですし、パスタやチャーハンといった他の料理と組み合わせてもおいしくいただくことができます。低カロリーで、魚特有の栄養素であるDHA・EPAが含まれていることも特徴のひとつです。

さっそく食べ比べてみた

◆一正蒲鉾 サラダフィッシュ(プレーン)

 まずは一正蒲鉾(いちまさかまぼこ)の商品から。かまぼこをそのまま食べているような感覚のサラダフィッシュです。味はしっかりつけられており、プリッとした食感が特徴。DHA・EPAも豊富に含まれているうえ、1個92kcalというところもうれしいところ。しかしかまぼこ感が強いので、魚の切り身的な食感、味を期待すると「あっ……」となるかもしれません。

・商品名
サラダフィッシュ(プレーン)100g
・栄養成分表示(100gあたり)
熱量92kcal/たんぱく質10.6g/脂質0.6g/炭水化物11.1g/ナトリウム933mg /食塩相当量 2.4g/DHA 510mg/EPA 130mg
・価格
262円(税抜)
・入手場所
AEON(イオン)

◆一正蒲鉾 サラダフィッシュ(バジル)

 バジル・ガーリック風味バージョン。こちらも食感としては、かまぼこです。しかし味がしっかりついているので、ほぐしてサラダに入れたり、焼いてムニエルにしてもおいしそうです。お酒のおつまみにもなりそう!

・商品名
サラダフィッシュ(バジル)100g
・栄養成分表示(100gあたり)
熱量93kcal/たんぱく質10.6g/脂質0.7g/炭水化物11.1g/ナトリウム942mg /食塩相当量 2.4g/DHA 510mg/EPA 130mg
・価格
262円(税抜)
・入手場所
AEON(イオン)

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード