• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

疲れないカラダに。猫背&腰痛を改善できる「筋膜リリース」の正しいやり方┃専門家監修:自宅でできる筋膜リリース #3 (3/4)

 走るというのは全身運動なので、全身の運動を行なうためには筋膜の連続性を考える必要があります。筋膜リリースで連続的に筋膜をほぐしておくことは、いい走りやタイムアップにつながります。

【1】ふくらはぎ伸ばし筋膜リリース(20秒以上、左右3回ずつ)

[ステップ1]

両手でテーブルにつかまり、片足を後ろに引き、前に出した足のヒザも後ろに引いて伸ばしながら体重を後ろに移動します。後ろの足の底は床にぴったりつけたままヒザをゆっくり曲げていき、20秒以上リリースします。

[ステップ2]

続いて前の足のヒザを曲げながら体重を前に移動し、後ろの足の底はぴったり床につけたままヒザをゆっくり伸ばして再び20秒以上リリース。左右で各3回ずつ繰り返します。左右の伸びにくい側は、30秒以上じっくりと時間をかけて行ないます。慣れてきたら時間を延ばしてください。

《注意点》

腰が丸まったり、逆に反ってしまうのはNG。

次ページ:腰から股関節の筋膜リリース(60秒以上、左右3回ずつ)

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series