• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • 筋トレで筋肉がつくと太って見える?メガロストレーナーが解説

筋トレで筋肉がつくと太って見える?メガロストレーナーが解説

 ボディメイクに勤しむトレーニーたちが疑問に思っていることをピックアップし、トレーナーにぶつける本企画。今回は「筋トレすると筋肉太りしてゴツく見えることもある?」という質問について、スポーツクラブメガロスのトレーナーが解説します(初出:2019年12月20日)。

Q. ダイエットで筋トレをすすめられますが、ムキムキに太くなりそうで有酸素運動ばかりしています。筋トレで筋肉がつくと、見た目がゴツくなりませんか?

A.間違ったやり方で筋トレを続けると可能性はあります。しかし筋トレは必要です。

「ダイエットにおいて、なぜ筋トレをすすめられるのか。その理由はエネルギーである糖質と脂質の消費割合にポイントがあります。

人は活動するとき、糖質と脂質のエネルギーを約5:5で使われるとされています。その中でも、筋トレはおもに糖質をメインにエネルギーを使うため、筋トレ後に有酸素運動を行うことで、脂質エネルギーの消費割合を増やすことが期待できます。逆に、ダイエット時に筋トレをしていないと、代謝能力が低下しリバウンドするおそれが高いでしょう。

筋トレはダイエットに必要ですが、やり方次第ではムキムキになったように感じる可能性も否定できません。そこはプロのトレーナーに正しいトレーニングプログラムを作ってもらうことで、シャープかつしなやかなメリハリボディを作ることができるでしょう」(トレーナー・小松さん)


[プロフィール]
小松裕季(コマツ・ヒロキ)
メガロスゼロプラス恵比寿(フィットネス事業部パーソナル課)に所属。社内パーソナル教育担当

 記事協力
・スポーツクラブメガロス
・公式サイト https://www.megalos.co.jp/

<Text:編集部/Photo:Getty Images>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新