• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • 背中から胸、お尻、腕まで伸ばす快眠ストレッチをカラダファクトリーの整体師が解説

背中から胸、お尻、腕まで伸ばす快眠ストレッチをカラダファクトリーの整体師が解説

 フィットネスやランニングに取り組む人なら、ボディケアの重要性は理解しているはず。そんなトレーニーたちが知りたいことをピックアップし、専門家に聞いてみる本企画。

 今回は、ぐっすり眠りたい人におすすめの、睡眠の質を高めるストレッチポーズについて、骨盤調整で有名なカラダファクトリーを運営する、株式会社ファクトリージャパングループ技術総責任者であり整体師の大貫隆博さんが解説します。

Q. 眠りが浅いと感じています。ぐっすり眠りたいので、快眠をサポートするような寝る前のストレッチを知りたいです。

A.座りながらできる、背中・胸・お尻・腕を伸ばすストレッチを紹介します。

 日中、デスクワークなどで座りっぱなしだと、背中やお尻などの筋肉がこわばり、血液とリンパ液の流れが圧迫されてしまうため、疲労物質である老廃物の処理が滞ってしまうと言われています。また、1日中外回りなどで立ち尽くめの方は、太ももやふくらはぎの筋肉疲労が溜まり、疲労した足腰を補うために背中や肩に必要以上に負荷がかかっています。

 今回は、これらの筋肉をほぐす快眠ストレッチを紹介します。

1.椅子に浅く座り、くるぶしを片足の膝に乗せます。両手を広げて片方の手首を持ち、上体を横に倒します。お尻の筋肉にアプローチしましょう。

2.椅子に浅めに座り、両手を後ろに伸ばして背もたれの上を掴みます。目線は上を向き、腕を伸ばしましょう。大胸筋(胸の筋肉)のストレッチです。

 姿勢が前傾で固まっていると、胸の筋肉が固くなるとともに肩甲骨が開いてきます。左右の肩甲骨を寄せ、胸の筋肉を伸ばし、なおかつパソコン作業などで疲労している腕まで同時に刺激することで緊張をオフにしましょう。また、疲労した筋肉が強張ったままでの就寝は深い眠りを阻害するので、寝る前に優しい刺激を与え、脳まで休めるように手助けをしましょう。(大貫さん)

2980円訴求

[プロフィール]
大貫隆博(おおぬき・たかひろ)
整体師、パーソナルトレーナー、ボディデザイナー。整体サロンやフィジカル・ヘルスケア系施設を国内外に300店舗以上運営する(株)ファクトリージャパングループ技術総責任者。技術総責任者として、技術開発から指導などを行うだけでなく、日本最大のファッションショーでは、ステージ前にトップモデルのプロポーションを美しく整える施術を行うなど幅広く活躍。また、女性誌で日常のダイエットやストレッチ指導・監修を行うなど、女性の美しいボディラインづくりに造詣が深い。顧客にモデルやタレントが多く、オススメの施術家として、多数の女性誌にも出演。

記事協力
・株式会社ファクトリージャパングループ
・公式サイト https://karada39.com/

<Text:編集部/Photo:カラダファクトリー提供、Getty Images>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新