• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • ストレッチってダイエットになる?ジムトレーナーが解説

ストレッチってダイエットになる?ジムトレーナーが解説

 自己流のトレーニングやダイエットでは、なかなか効果を実感できないという人も多いのでは。そんなトレーニーたちの悩みや疑問をピックアップし、専門家にぶつける本企画。

 今回は、ストレッチのダイエット効果について。東京・代官山にある統合型トレーニングソリューション「FLUX CONDITIONINGS(フラックスコンディショニングスのトレーナーが答えてくれました

Q.よく「痩せるストレッチ」を見かけますが、ストレッチで痩せることは可能なのでしょうか?また、ダイエットにいい影響はあるのでしょうか。

A.筋肉の柔軟性と可動域が高まり運動消費エネルギーが上がりやすくなります。

  まず、ストレッチの効果として、筋柔軟性の向上関節可動域アップ、筋温上昇などの効果があります。

 日ごろ運動があまりできず、体が凝り固まっている方は、ストレッチをすることによって筋肉の柔軟性と可動域が高まり運動消費エネルギーが上がりやすくなります。ま、筋温や体温の上昇によって基礎代謝が上がり、ダイエットにつながりやすくなると考えられます

 ちなみに、ストレッチにはスタティックストレッチ(静的ストレッチ)」ダイナミックストレッチ(動的ストレッチ)」2種類があります。

 スタッティックストレッチは、多くの人イメージするであろう、ゆっくり筋肉を伸ばすストレッチのことです。筋柔軟性と関節可動域の向上が期待できます。

 ダイナミックストレッチは、たとえばプロ野球選手やサッカー日本代表などのアスリートが試合前に体全身を使って動ような、ーミングアップに用いられるストレッチです。筋温や体温が上昇し関節の動きをよくする効果が期待できます。 

 

主な効果

行うタイミング

スタティックストレッチ

筋柔軟性アップ

関節可動域アップ

起床時

お風呂上がり

就寝前

ダイナミックストレッチ

筋温上昇

体温上昇

関節の滑走性アップ

ランニングやトレーニングなどの運動前


 何もしないで1日を過ごすより、この2種類のストレッチを行うことで、ダイエットに繋がりやすくなります。5分10分でも構いませんので、ぜひ時間を見つけて継続的に行ってみて下さい。

関連記事:運動がもたらす4つの効果。なぜ「体を動かすと健康にいい」と言われるのか

監修者プロフィール]
神保健太(じんぼ・けんた)
FLUX CONDITIONINGS代官山店所属のコンディショニングトレーナー

記事協力
・FLUX CONDITIONINGS
・公式サイト https://www.flux-conditionings.com/

<Text:編集部/Photo:Getty Images

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新