• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

運動がカラダにもたらす4つの効果とは。絶対知っておきたい!運動と健康の基礎知識(後編) (1/2)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 運動と健康の関係について、知っておきたい基礎知識を紹介する本記事。前回は有酸素運動、レジスタンス運動(筋力トレーニング)、柔軟運動(ストレッチ)の3つについて、その健康効果を紹介しました。

《前編はこちら》
“3大運動”のメリット&デメリットを知ろう。絶対知っておきたい!運動と健康の基礎知識(前編)

 後編では減量や身体の健全化など、具体的な効果について、そのメカニズムや効果的に成果を得るための方法を紹介。引き続き株式会社タニタヘルスリンクの公認スポーツ栄養士・健康運動指導士で、競歩の岡田久美子選手へのコンディションサポートを担当している堀越理恵子さんに話を伺いました。

 堀越さんによると運動がもたらす健康効果には、ダイエットなどの「減量効果」、血糖値改善などの「身体の健全化」、ストレス解消などの「心の健康効果」、骨粗しょう症やがんなどの「予防効果」があるということです。

運動と減量効果の関係

 減量効果があることで知られているのが有酸素運動です。酸素を使って脂肪や糖質を燃焼してエネルギー源とするため、体脂肪の減少とそれに伴う減量効果があることは、前回も紹介しました。こうした有酸素運動にともなる減量は、内臓脂肪型の肥満やメタ生活習慣病、メタボリックシンドロームの予防につながります。

 一方、レジスタンス運動を行うことで、筋肉の量が増えると、基礎代謝量が上がります。これによって消費するエネルギー量が増えて、太りにくい身体を作ることが可能です。

 なお、柔軟運動で減量効果を得るのは少々難しいですが、動的ストレッチ(手首をほぐすなど、体を動かしながら柔軟性を高めていくもの)は、エクササイズ効果につながる動きも多いため、消費エネルギー量アップにつながります。減量のために実施する運動において、怪我の予防や疲労回復などにもつながるでしょう。

運動による身体の健全化

 運動することは、血糖値や血圧、血中脂質について、さまざまな健康効果をもたらしてくれます。

 運動をするとインスリンの働きが改善されます。これによって正常化されるのが血糖値です。血糖は膵臓から分泌されるインスリンの働きで、筋肉に取り込まれることにより、その値が正常の範囲に保たれます。インスリンの働きが悪いと、血糖値の高い状態が続いてしまいます。これは、血管へのダメージにつながり、糖尿病のリスクを高めてしまいます。

 血糖値を改善するには、できれば毎日、最低でも週に3日以上の運動が必要です。1日20分以上、週に計150分以上の運動が目安となります。タイミングとしては血糖値の上昇がピークとなる、食後30分~60分の間がベストでしょう。有酸素運動と筋力運動のどちらもオススメできます。

 一方、運動を習慣化すると代謝が活発になることで全身の血流が良くなり、脂肪細胞から分泌される物質が正常化し、体重の減少につながります。これによって高血圧が改善されます。

 また、運動では血中脂質の改善も期待できます。血液中には中性脂肪やコレステロールなどの脂質が含まれています。これらはからだに必要な脂質ですが、中性脂肪や悪玉コレステロールが多すぎると、さまざまな病気につながるリスクが高まります。

 有酸素運動を定期的に行うと、血液中の中性脂肪がエネルギーとして消費され、悪玉コレステロールを分解し減少させる効果があることも知られています。また、定期的な運動は、善玉コレステロールの増加にもつながります。

 血圧と血中脂質を改善するには、やはり可能であれば毎日、最低でも週に3日以上の運動が必要です。運動時間は1日30分以上。10分間の運動を3回に分けておこなっても大丈夫です。運動の種類としては、ウォーキングや水泳などの有酸素運動が効果的でしょう。なお、血圧を改善するには、血圧が安定しているタイミングで運動を行うことが重要です。

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード