• Facebook
  • Twitter

運動前よりキレイになる、トレーニング後の肌ケア&メイク(後編)【美トレの教室 Vol.2】

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 前回はトレーニング後の自然な血色を活かすスキンメイク術をお送りしました。トレーニングで自然な血色でのベースメイクができ上がったら、次は、そのナチュラルな肌ツヤを生かしたポイントメイク編です。 

《関連記事》
・【美トレの教室 Vol.1】運動前よりキレイになる、トレーニング後の肌ケア&メイク

アイメイクのお直し前のパンダ目防止テク!

 乾燥しやすい目元を保湿した後はどうしても油分が多くなってしまいます。油分が残っていると、アイライナーやマスカラが下まぶたについてしまう“パンダ目”に。それを防ぐためルースパウダーを指にとり優しく目元になじませます。このひと手間でパウダーが油分を包み、油分によるメイク崩れを防ぎます。

《ポイント》
・下まぶたのキワはもちろん、まつげの生え際にも。アイラインやマスカラがノリやすくなります。
・つけすぎもNG。指で触ってサラサラしているくらい。つけすぎてしまった時はフェイスブラシで優しくなでましょう。

眉毛は生えてきたようなふわっと感 

 まずは薄い色のアイブロウパウダーをさっと全体にのせてから、取れて薄くなったところだけペンシルやリキッドタイプのアイブロウライナーなどで描き足します。再びアイブロウパウダーをフワッと載せ、なじませます。最後に髪の色にあった眉マスカラを。これで眉毛のトーンがあいます。

《ポイント》
・油分が残っている時はここでもルースパウダーを。特に眉尻は、アイブロウが落ちにくくなります。
・改めて全部描こうとすると濃くなりすぎに。鏡をよく見て足りないところだけを!
・濃すぎると血色メイクにアンバランス。濃くなってしまったら、綿棒などでなじませて。

チークは思い切って無しでいく!

  肌の血色が良くなると真っ先に変わるのは頬。肌が蒸気した自然な血色を活かすため、チークは思い切って省略!

《ポイント》
・もし入れる場合は、いつもより薄めに。ツヤ感が出る、リキッドタイプやクリームタイプがオススメ。

アイメイクはシンプルに 

 にじんだアイシャドウやアイライナーを綿棒でなぞってぬぐったら、改めてまつげのキワにアイライナーを。水や汗に強いフィルムタイプがオススメ。乾いたら優しくビューラーをし、マスカラを重ねましょう。ツヤ感を増すために、ピンクベージュのアイグロスを最後に。

《ポイント》
・アイライナーは下をみて薄めに。まつげのキワを埋めるように。
・ビューラーは優しく。マスカラを塗った後に指でそっと支えて15秒キープ。カールが持続します。
・アイグロスはツヤが命。マスカラとのバランスを見て最後に重ねます。最後にすることでヨレも防止します。

保湿&グロスでツヤ感リップで仕上げ

  生き生きした表情のキモになるくちもとは、リップバームで保湿してから塗り直し。じわっとしたツヤ感を出すために唇のpHに反応するティントグロスを重ねましょう。

《ポイント》
・保湿して唇の縦じわを補修するリップ下地もオススメ!

ナチュラルなトレーニング美人顔の完成!

 自然なツヤと血色があるフレッシュな印象のお直しメイクの、基本顔が完成しました。ここからシーンに合わせて必要なメイクを足していけば、トレーニング後のお出かけも怖くない!!

【使用アイテム】

・お直しスキンケア

▲右から、ティッシュ、綿棒、使い捨てスポンジ、ミスト化粧水、ゲルクリーム

・ベースメイク

▲右から、ルースパウダー、リキッドタイプのコンシーラー、フェイスブラシ

・アイブロウ

▲右から、アイブロウブラシ、アイブロウパレット、眉マスカラ、リキッドアイブロウ

・アイメイク

▲右から、ビューラー、リキッドアイライナー、グロスアイシャドウ、マスカラ

【オススメアイテム】


▲クレンジングシート、ワセリン

・どうしようもなく崩れてしまった時は潔くオフ!その後の保湿は入念に。
・メイク落としにもリップにも。傷口にも使えるのであると便利です。

▲右から、色付き下地、保湿下地、クリームタイプコンシラー、マット下地、クマ用コンシーラー

・色付き下地…くすみを消すパープル。血色をよくするピンク、赤みを消すグリーンなど。自分の肌に合わせた色下地を。
・保湿下地…しっかり保湿する時間がない時はこれに頼ってしまいましょう!
・クリームタイプコンシラー…シミやソバカスがきになる方はクリームタイプが○。これは粒子が細いパウダー付きで使い安いです。
・マット下地…テカりやすいTゾーンに。毛穴の開きを埋め。スムースなサラサラの肌に。
・クマ用コンシーラー…目の下が淀んでいると一気に疲れ顔に。逆にそこを綺麗にすれば一気に元気な印象に!濃くなりすぎないためには、2色使いで。

《関連記事》
・【美トレの教室 Vol.1】運動前よりキレイになる、トレーニング後の肌ケア&メイク

[監修&著者プロフィール]
八重嶋美彩(YAESHIMA MISAI)
代官山の美容院にてヘアメイク、SPAセラピストや着付けなど多方面で活躍。スポーツをされるお客様の美容サポートから、自身もスポーツや身体を動かすことが好きでその活動の幅を拡大中。

<Text:八重嶋美彩/Photo:YUSUKE YOSHIHIRO>

 

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード