• Facebook
  • Twitter

どんなときでも平常心で。僕は自分の才能を信じきれなかった過去がある。名トレーナーに一流の育て方を聞いた(前編) (1/2)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 ボクシングで日本チャンピオン、東洋太平洋チャンピオンとなり、引退後は名門・帝拳ジムのチーフトレーナーとして世界王者4人(西岡利晃、三浦隆司、五十嵐俊幸、下田昭文)を育ててきた葛西裕一さん。葛西さんの人を育てるメソッドはボクシング業界の中でも随一と言われています。

 そんな葛西さんが、2017年9月に入って一般人向けのジム「GLOVES Cardio Boxing」をオープン。一流選手を育てるメソッドを、誰もが受けられることになりました。そこで葛西さんに、人材育成に対する哲学や方法論などを伺いました。

▼編集部からのお知らせ

「MELOSメルマガ」創刊!今なら豪華賞品がもれなく当たる新規登録キャンペーン実施中です

才能ある選手たちの道案内をしてきだだけなんですよ

――今ではすっかり名トレーナーの呼び声が高い葛西さんですが、古くからのボクシングのファンならば、現役時代のご活躍のほうも記憶に残っているかと思います。なにしろ、日本国内では圧倒的で、日本チャンピオン、東洋太平洋チャンピオンも獲得されています。当時人気のマンガ「ろくでなしBLUES」(集英社)でも、葛西さんを模したキャラクターが“四天王最強”とうたわれていましたね。

中学からずっとボクシングをやってきて、プロ・アマ問わずそれなりに結果を出してきたつもりです。あの頃は、マンガでもキャラとして使ってもらって、まわりからも期待していただいていたので……。かなりよく描いてもらいましたね。

ただね、申し訳なかったとも思っています。そういうまわりからの期待があったにも関わらず、最終的には結果が出せなかった。なにせ世界タイトルマッチ戦で3回も負けてますからね。1回目は1ラウンド、KO。次は判定負け。3回目は最終の12ラウンドまでいってTKO負け……。負けの全てを経験しているようなものですよ。ただ、それを生かさない手はない。負けたという経験は教え子たちを育てることに生き、その結果、彼らはいい成績を残せた。

――現役を引退されて以降は、帝拳ジムでトレーナーとしてご活躍でした。特に西岡利晃選手、三浦隆司選手、五十嵐俊幸選手、下田昭文選手といった4名の世界王者を育成されたことで、そのトレーナー力が広く世の中に知れ渡っています。なにか特別なメソッドや育てていく上での秘訣はあるのですか?

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード