• Facebook
  • Twitter

ほっくり野菜と味噌&バターのコクがたまらない!体の芯から温まる石狩鍋【スポーツキッズのためのガッツリ飯 Vol.10】

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 サッカーや野球、水泳……。さまざまなスポーツに青春を捧げるキッズたち。毎日クタクタになりながらも目標に向かって頑張るキッズには、ボリューム満点で栄養たっぷりのおいしい食事を作って応援したいですよね。

 今回は、寒い冬にぴったりの体がポカポカに温まる鍋料理をご紹介します。寒さで家にこもりがちになってしまう冬は、体を内側から温めてくれる鍋料理が恋しい季節。切って煮込んで、と簡単に調理できるのも嬉しいポイントですよね。

 今回ご紹介する「石狩鍋」では、酒粕は使わず、キッズも食べられるように味噌&バター風味で味付け。コーンと星型にんじんで見た目にもカラフルな鍋に仕上がっています。

▼編集部からのお知らせ

「MELOSメルマガ」創刊!今なら豪華賞品がもれなく当たる新規登録キャンペーン実施中です

濃厚味噌バターの石狩鍋風

<材料>(2〜3人分)
・鮭…2切れ
・木綿豆腐…1丁
・じゃがいも…大1個
・にんじん…1本
・しょうが…2片
・キャベツ…1/4個
・ネギ…1本
・玉ねぎ…1個
・しいたけ…4枚
・コーン…80g
・水…3カップ
・A【水…1カップ、酒・みりん…各大さじ3、醤油…小さじ1、味噌…80g】
・バター…40g

<作り方>
1.鮭は一口大、木綿豆腐は6等分、じゃがいもは皮を剥いて大き目の一口大、にんじんは輪切りにして、大きい部分は星型に抜き取る(くりぬいた外側も使用するので、とっておく)。しょうがは太めの千切り、キャベツは大き目にざく切り、ネギは3センチ幅の斜め切り、玉ねぎは1cm幅の輪切り、しいたけは飾切(軸と切った残りは使用するので、とっておく)。

2.鍋に水とじゃがいも、にんじん(星以外の部分)、しょうが、玉ねぎを入れて一煮立ちさせ、約8分加熱する。加熱している間に【A】をよく混ぜて、味噌を溶かしておく。

3.約8分煮たら、溶かした【A】の液を2/3量流し入れて、そのまま約5分煮込む。

4.残りの材料と溶かした液を鍋に入れ、火が通ったらバターを加える。

 鮭のアスタキサンチン・DHA・EPAは、脳内の刺激になってくれるので勉強やスポーツにも効果的。スープは、発酵食品である味噌がベースなので腸内環境をキレイに整えてくれますよ。また、野菜を煮込むことで旨味&甘味がアップ。玉ねぎやネギ、しょうがなどは苦手なキッズもいますが、コクのある味噌&バター風味が独特の風味をカバーしてくれます。いつもよりたっぷり野菜が摂取できること請け合いです!

 寒い冬こそ食べたい、キッズ受け抜群の石狩鍋。ぜひ作ってみてはいかがでしょうか?

[プロフィール]
田村つぼみ 料理家/栄養士
1985年生まれ。栃木県出身。短大を卒業後、料理教室にて講師を務める。その後、料理研究家・浜内千波師匠のもとでアシスタントとして修業。現在、料理家として、書籍や女性誌を中心に活動中。また、カフェなど飲食業態のメニュー開発、店舗立ち上げプロデュース、料理教室ほかを精力的に行っている
【HP】http://www.tsubomi-t-cooking.com/

<Text:服部桃子(アート・サプライ)/Photo:玉井幹郎>

▼編集部からのお知らせ

「MELOSメルマガ」創刊!今なら豪華賞品がもれなく当たる新規登録キャンペーン実施中です

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード