• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

【MELOSランキングTOP10】2017年10月に人気だった記事まとめ (1/2)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 スポーツ×ライフスタイルマガジンMELOSでは、皆さんの生活に寄り添うスポーツのご紹介や運動知識、健康、美容のハウツーなどをお届けしております! どんな記事が皆さんのウケがいいのか知りたい! そしてそれをお知らせしたい! そんな気持ちを満たすため、2017年10月に公開し人気だった記事を集計しました。10位までピックアップしています。

▶マンツーマンで理想のカラダに! 全国のパーソナルジムを探す

10位

「蛍光灯デスマッチと出会ってからプロレスにのめり込みました」。プロレスラー兼女優・世羅りさ(前編) | ビューティ×スポーツ『MELOS』

 プロレスラー兼女優の世羅りさちゃん記事前編がランクイン! はじめは声優を目指して上京してきた彼女ですが、やがてプロレスと出会い、魅了され、プロレスラーとしてのキャリアを積み上げていくこととなります。そんな世羅りさちゃんの物語を、一緒に追っていきましょう。

9位

野村忠宏が長野県で高校生に部活指導。「自分で意識は変えられる。今より厳しい気持ちを持ち続けて」 | 子育て×スポーツ『MELOS』

 ブカツを頑張る中高生を応援する、大塚製薬のプロジェクト「ポカリスエット エールキャラバン2017」に、日本人初のオリンピック3連覇を成し遂げた柔道界のレジェンド・野村忠宏さんが講師として参加すると聞いたので、MELOS編集部も駆けつけました! 柔道強豪校である長野県の佐久長聖中学・高等学校に向かい、柔道部の生徒たちに直接指導も行った野村さんの力強い言葉の数々。「今より厳しい気持ちを持ち続けて、もっと強くなって、いつか日の丸を背負って戦うまでになったら、私とも絶対にまた会える」。

8位

正しいゴルフスイングを会得するのにゴルフクラブは必要ない【マーク金井のゴルフの基本&上達話 #4】 | 趣味×スポーツ『MELOS』

 自称ゴルフ芸人のマーク金井(かない)さんが教える、ゴルフの基本シリーズ。ゴルファーの7割ができていないとされる「ハンドアクション」のトレーニング方法を図解付きで紹介しています。このハンドアクションを習得することでスコアは格段に伸びるので、練習場へ行く前に身体に叩き込んでおくべき動きであると、金井さんは言います。タダで早く上達する動きなので、トライする価値はあります。

7位

「トレイルは走ることが全てではない」。トレイルランニングの楽しみ方を SALOMONアスリート反中祐介に聞いてみた | 趣味×スポーツ『MELOS』

 トレイルランニングってご存知でしょうか? 中長距離を走る陸上競技なのですが、走る場所は道路ではなく「山道」。綺麗に補強された道ではなく、草木茂る山中を走るため「山岳レース」とも呼ばれています。

 「楽しそう! ハイキング+ランってこと?」と思った皆さん、ちょっと待ってください。普通のマラソンと考えていると、思わぬ落とし穴にはまりかねません。今記事は、陸上競技やマラソンの経験が豊富で、スポーツ用品の輸入・販売等を手がけるアメアスポーツジャパン株式会社所属のSALOMONアスリートとして活躍している反中祐介(たんなか・ゆうすけ)さんに、トレイルランニングの酸いも甘いも語ってもらいました。

6位

PASSPO☆・森詩織「バスケの練習はすごくキツいけど、仲間と一緒にいる時間がとにかく楽しかった」(前編)│アイドルと、スポーツと、青春と。#4 | 趣味×スポーツ『MELOS』

 スポーツに青春を賭けたアイドル企画第4弾は、空と旅をコンセプトにしたガールズロックグループ「PASSPO☆」のメインボーカル、森詩織さん。先輩に誘われてなんとなく入部したバスケットボール部は、超絶厳しい体育会系の世界だった。週6のキツい練習、怖い先輩勢……もりしの特徴的なハスキーボイスは、部活で「あること」をやらかして喉が潰れてしまったのが原因とのこと。以来、もりしは「〇〇」がトラウマ気味に。

5位

何でも話し合って2人でいる時間は一緒に行動する。サッカー柿谷曜一朗の妻・丸高愛実<後編>【アスリートの妻が教えるとっておきレシピ #4】 | 健康×スポーツ『MELOS』

 先月も人気ランキング入りを果たしていた、サッカー柿谷曜一朗の妻・丸高愛実さんの記事後編。柿谷さんをアスリート選手とあまり意識せずお付き合いをしていた丸高さんですが、結婚が視野に入ってきたあたりで「アスリートの妻」となる決意がぐんぐん高まり……とうとう遠距離恋愛中にアスリートフードマイスターを取得してしまいました。「栄養バランスとか考えて、ちゃんとごはんぐらいは作れないと一人の女性としてダメだなっていうことで料理も栄養の勉強も始めた」なんて、立派な奥さんすぎる!

4位

「筋肉質な腕を見せるのが恥ずかしかったけど、今ではアームレスリングが私のアイデンティティ」。アップアップガールズ(仮)・森咲樹(前編) | ビューティ, トレーニング×スポーツ『MELOS』

 最近のアイドルは歌って踊るだけじゃない。そう感じさせる個性的なユニットがどんどん登場するなか、アイドル界のアームレスリング・クイーンという異名をもつ、アップアップガールズ(仮)の森咲樹(もり・さき)さんにインタビューをしてきました。優勝商品である叙々苑のお食事券を目当てに、所属レーベル主催のアームレスリングイベントに参加したところ見事優勝。以来、アームレスリングの才能を伸ばすため日々トレーニングに励む森ティなのでした。

 さて、いよいよ上位3つの紹介です!

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード