• Facebook
  • Twitter

スポーツシューフィッターに聞く“正しいシューズの選び方” (2/2)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 その場で試着してみることに。足を入れた感覚は上々。幅広タイプなので筆者の足にもぴったりです。早速、筆者自ら靴紐を結ぼうとすると、「あ、ここからがミソなんです」と大槻さん。しっかりとシューズのかかとを合わせた状態で紐を結んでくれます。シューズを選ぶ際、この「かかと(ヒールカップ)をしっかりと合わせてから紐を結ぶ」のが非常に重要なのだとか。良いシューズ選びをするために覚えておきたいですね。

 他のシューズも何足か試し履きをしてみたものの、最初に履いたこの黄色のシューズが一番フィットしていました。さすがはプロのシューフィッターさんですね。

 ちなみに、筆者が履いているこちらのシューズは初心者~中級者向けのモデルなのだそうです。かかとを包む部分が厚くて硬めで、足裏もやや厚めにできています。その分、重量に関しては上級者向けのモデルよりもやや重めです。

大槻さん:ランニングシューズの場合、初めて履かれるお客様の多くが「軽めの靴が良い」とおっしゃいます。ただ、軽量なシューズはかかとが薄いため、身体を安定させる力は強くありません。きちんとしたフォームで走ることができる上級者向けなんです。初心者の人が単純に重量だけで軽いシューズを選んでしまうと、フォームが崩れて逆に疲れやすくなってしまう場合もあります。

――初心者用のシューズの方が重量自体は多少重くても、かかとを安定させてくれる分むしろ足の負荷を減らしてくれると。単純に軽い=疲れにくいということではないんですね。一言にランニングシューズといっても奥が深いですね。

大槻さん:そうですね。初心者の方は「ちょっと走るだけだから履ければ何でも良いよ」とおっしゃる方も多いのですが、これから走り始める方にこそしっかりとしたシューズ選びをしていただきたいですね。各メーカーのシューズのクオリティも年々上がり続けているので、自分に合ったシューズがきっと見付かると思いますよ。

▲取材にご協力いただいた、ときわスポーツパシオン川越店の大槻店長

ときわスポーツパシオン川越店
TEL:049-225-0905
〒350-1122
埼玉県川越市脇田町33-9

ときわスポーツ川越アスリート館
TEL:049-224-4224
〒350-1122
埼玉県川越市脇田町33-10-11

<Text:福田悠/Photo:長田楓>

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード