• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

NIKE、ヴェイパーフライ4%の製造工場から出た廃材を利用した新シューズ「スペース ヒッピー」発表

 ナイキは、「ヴェイパーフライ 4%」製造工場のスクラップなどを原料としたフットウェアコレクション「ナイキ スペース ヒッピー」を2020年夏シーズンに発売すると発表しました。ラインアップされたのは、スペース ヒッピー コレクション 01、02、03、04(ウィメンズ向け)の4種類。

工場の床に廃棄された「宇宙ゴミ」の有効活用

▲スペース ヒッピー01

 循環型社会が叫ばれる昨今。スポーツメーカーが作り上げる商品群も例外ではありませんが、ナイキの新商品はいわゆる“資源の再利用”をワクワクする商品開発に昇華しています。

 同社は、商品製造工場に落ちたゴミを「宇宙ゴミ」と表現。「ナイキ スペース ヒッピー」では、例えばアッパーのニットに「宇宙ゴミの糸」と呼ぶスクラップを利用。リサイクルされたプラスティックのボトル、そしてTシャツや糸くずなど、100%再生素材を使用することで、アッパーの90%が再生素材から構成される商品(スペース ヒッピー 02)もあるといいます。

▲スペース ヒッピー02

 ほか、クッショニングは「ヴェイパーフライ 4%」の製造工場で出たスクラップをもとに、「ズーム X フォーム」を再加工。通常のナイキフォームと比べると、二酸化炭素の排出量がおよそ半分になっています。

 さらに、ソール部分は、通常のナイキ フォームにナイキ グラインド ラバーを15%混ぜて作り上げることで、炭素排出量も削減。ナイキ グラインドの粒が一つ一つのミッドソールで異なる素材感や色のミックスを生み出している点も、デザイン性として評価できます。

▲スペース ヒッピー03

▲スペース ヒッピー04(ウィメンズ向け)

 「スペース ヒッピー」コレクションは、01/02/03、およびウィメンズ向けの04、合計4種類が展開。いずれも、今年の夏シーズンに、SNKRSおよび一部ナイキ販売店で発売予定となっています。

<Text:辻村/Photo:NIKE>

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード