• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

ストレッチの種類と効果!運動前・運動後におすすめの方法は? (1/2)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 運動中のケガは避けたいものです。そのため、運動前後は必ずストレッチを行うという人も多いでしょう。しかしストレッチも、ただ行えばいいというわけではありません。それどころか、やり方を間違えると効果が出ないだけでなく、ケガに繋がったり運動中のパフォーマンスに悪影響を及ぼしたりする可能性もあるのです。

 今回は簡単そうで奥が深い、ストレッチについて詳しく解説していきます。

ストレッチの種類

 ストレッチには大きく分けて3つの種類があります。

<スタティックストレッチ>
 同じ姿勢をキープし、じっくり筋肉を伸ばす方法が「スタティックストレッチ」です。皆さんがストレッチと聞いてイメージするのは、このスタティックストレッチが該当するでしょう。

 スタティックストレッチのメリットは「柔軟性(静的柔軟性)」を高める効果が高いこと。また、筋肉の緊張をやわらげ、血行を良くすることで、疲れやカラダのだるさを改善することができます。

<バリスティックストレッチ>
 反動をつけて行うストレッチを「バリスティックストレッチ」といいます。イメージしやすいのは、アキレス腱を伸ばすストレッチです。グッグッと反動をつけて行った記憶がある人もいるのではないでしょうか。

 バリスティックストレッチは、反動を使うぶん、スタティックストレッチよりも筋肉を伸ばす効果が多く得られます。しかし、急激に筋肉を引き伸ばす動きでもあるため、筋肉や腱を痛めやすく、あまりオススメできません。

<ダイナミックストレッチ>
 カラダを動かしながら筋肉を伸ばしていく方法を「ダイナミックストレッチ」といいます。皆さんが子どもの頃よく行ったであろうラジオ体操も、ダイナミックストレッチの一つです。カラダを動かしながら行うため心拍数が上がり、カラダが温まって筋肉が伸びやすくなります。

関連記事:健康年齢が一気にのびる!? みんな知ってるラジオ体操の驚きの効果

シーンに合わせたストレッチの選択

 運動前に行うことが多いストレッチですが、使い分けには注意が必要です。ストレッチの効果を最大限に得るために、シーンに合わせた使い方をするようにしましょう。

<運動前>
 ケガを防ぐため、準備体操の一環としてストレッチを行うことは、皆さんご存知の通り。しかし、どのストレッチを行うかには注意が必要です。昔は、筋肉の柔軟性を高めるスタティックストレッチを行うことで、ケガを防ごうという考えが一般的でした。しかし、さまざまな研究で、運動前のスタティックストレッチにはケガを防ぐ効果はないという結果が出ています。

 足を大きく振り上げる、腕を大きく回すなど、勢いよくカラダを動かしたときの可動域の広さを「動的柔軟性」といいます。スタティックストレッチを行うことで筋肉の柔軟性は高まりますが、筋力との関係により「動的柔軟性」は低下し、運動中のパフォーマンスダウンへとつながることもあります。そう考えると、運動前にスタティックストレッチを行う必要性はなく、むしろカラダを動かしながら筋肉を伸ばす「ダイナミックストレッチ」が効果的と言えるでしょう。

 もちろん目的があって行うのであれば構いませんが、ケガを防ぐためというのであれば、運動前のスタティックストレッチはオススメしません。

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード