• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

ダイエットの停滞期対策に。「チートデイ」の効果・メリットと失敗しないやり方 (1/2)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 ダイエットをするためには、摂取カロリーを減らすことが欠かせません。そのため、食べたいものや高カロリーメニューを我慢したり、控えたりするなどの食事制限が少なからず必要となります。しかし我慢ばかりではモチベーションが下がり、途中で挫折してしまうことがあるでしょう。

 そこで取り入れたいのが「チートデイ」です。これは、できるだけ太らないような食事を心がけるダイエット中でも、好きなものを食べていい日を作るというもの。チートデイによって、ダイエットの停滞期やボディメイクを効果的に進めることができるのです。いつやればいいの? どれくらいの頻度(間隔)で行うべき? 今回は、そんなチートデイの効果とやり方を解説していきます。

チートデイとは

 チートデイは「Cheat=だます・ズルをする・反則をする」という言葉からきています。ダイエット中でもズルする日を設けることで、減量を促進させるのです。この「ズル」というのが食事。チートデイは食事制限をなくし、好きなものを食べていい日と決めます。中には「そんなことすると、せっかく落ちた体重が元に戻ってしまうのでは」と心配になる方がいるでしょう。それは当然のことですが、しかし、このチートデイにはさまざまなメリットがあるのです。

チートデイのメリット

 チートデイによって、カラダにどのような効果がもたらされるのでしょうか。ここでは、チートデイを設定するメリットを確認してみましょう。

・代謝を上昇させる

 食事量を減らして摂取カロリーを制限することによって、カラダは少ないエネルギー内で対応できるように代謝が落ちていきます。すると、やがてダイエットの停滞期に陥ってしまうでしょう。ここでチートデイを設定し、定期的に多くのエネルギーを補給することで、代謝の低下を抑えて停滞期を防ぐことができるのです。

 たしかに短期的で見れば、落ちていた体重が元に戻ってしまう感覚に陥ってしまうかもしれません。しかし、その体重増加は一時的なもの。長期的に見れば、順調にダイエットは進んでいくはずです。

・精神的負担の軽減

 チートデイはカラダの変化だけでなく、モチベーションの維持という点でも大きな役割を果たすでしょう。食事制限はカラダだけでなく、メンタル的でもつらいものがあります。「食べたいものも食べられない」「お腹が空いても食べられない」など、心には多くのストレスがかかるはず。そのストレスに負け、ダイエットを辞めてしまう人がとても多いのです。

 チートデイを設定すれば「食べたいものが食べられる」「お腹いっぱい食べられる」と、メンタル面でのストレスが解消され、モチベーションを維持することができます。「チートデイがあるからがんばる!」と、ダイエットを継続できる人も多いことでしょう。

次ページ:チートデイの設定方法

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード