• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • トレーニング
  • 「筋肉痛はプレゼント」。トレーニングは頭をリセットさせてくれる。青木源太さんの“筋トレ・マイルール” #2

「筋肉痛はプレゼント」。トレーニングは頭をリセットさせてくれる。青木源太さんの“筋トレ・マイルール” #2 (1/3)

 日々の生活に筋トレを取り入れることで充実したトレーニングライフを送っている著名人に、筋トレの魅力を訊く企画。自身の経験を振り返っていただき、筋トレが今の自分にどう影響しているかを伺います。

 元日本テレビアナウンサーで、現在フリーアナウンサーとして活躍している青木源太さん。かねてからトレーニング筋トレ)好きを公言している青木さんに、どういったトレーニングをやっているか、苦労話や筋トレにハマった瞬間、続けるコツなどを聞きました。

《本インタビュー特集は全3回》
・【第1回】ダラダラやらない、食事は周りに影響を与えるほどこだわらない。青木源太さんの“筋トレ・マイルール” #1
【第3回】「筋トレは人生の趣味」。出会って、人生が変わった。青木源太さんの“筋トレ・マイルール” #3

やればやっただけ結果がちゃんと出る、筋トレは嘘をつかない

―― トレーニングの習慣がつくまでやはり苦労されましたか?

大変でしたね。まず自分に合うプロテイン見つけるのに時間がかかりまして。体を大きくするために飲んだプロテインでお腹を下してしまって3kg痩せました。合うプロテインって大事ですよね。

トレーニングの後は、(粉ではなく)ドリンクタイプのものを飲んでいます。朝食の時と寝る前に飲むのはソイプロテインです。今はプロテインの種類が増えましたよね。僕がトレーニングを始めたここ2年で、味の種類とかものすごく出ましたよね。

(▲写真:本人提供)

―― コンビニで普通に手に入りますよね。

そうですね。トレーニングをしていない妻も、そういったプロテインは「おいしい」と言っています。やっぱりタンパク質ってそもそも足りないものだから、妻の分も作って一緒に飲んだりしています。

朝と寝る前飲んでいるプロテインは、タンパク質含有量だと少ないんです。なので、頭の中でずっと計算していますよ。僕は今取材を受けている昼過ぎでは、今の時点でタンパク質はまだ40gぐらいですかね。今日はなかなか摂れていないので。あ、でもゆで卵を先ほど2個食べましたね。なので、60gぐらいですかね。という感じで、常に計算しています。脳の中にタンパク質の摂取量がずっと表示されている感じです。

「筋肉痛はプレゼント」、スーツが似合うようになりました

―― 筋トレにハマったなと思う瞬間というのはありますか?

トレーニングした後に、疲れじゃなく気持ちよさが残るようになった時ですかね。言い方を変えれば疲れに行っているわけじゃないですか。普通疲れることはやりたくないのですが、トレーニングは終わった後は、すごく気持ちがいいんですよね。その感覚はトレーニングを本格的にやってみないとわからないですよね。

「モテるためにやってるんでしょ?」みたいな人がいますが、そんなことを言う人は、トレーニングを本格的にやったことがない人だと思っています。トレーニング後の気持ちよさって、やった人にしかわからないものがあると思うので。

―― トレーニングが気持ちいいとなるまでに、どれくらいかかりましたか?

3か月かかりました。始めて一か月くらいは毎日筋肉痛でした。今でも忘れないのですが、ダウンジャケットを脱いだり着たりができなかったですよ。痛すぎて。周りの人に手伝ってもらっていました。同期の桝(太一)アナと旅行に行った時も、着替えとかほとんど手伝ってもらいましたね。「お前もう筋トレなんてやめちまえ!」って言われました(笑)。いちいち脱がせてもらったりとか、着せてもらったりとか。流氷を見にいって気温マイナス15度の世界で脱ぎ着しましたが、すぐ着ないと寒くて凍えちゃうから「急げ急げ」とか言いながらすごく面倒くさがられましたよ(笑)。「こんなんだったら筋トレするな!」って。

筋肉痛も最初、痛いなと思っていたのですが、筋肉痛があれば、筋繊維が破壊されて新たな大きい筋肉ができるのが分かると、筋肉痛を欲してくるじゃないですか。不思議ですよね。最初は嫌だった筋肉痛も、いつの間にか「筋肉痛はプレゼント」みたいになりますし。あとはスーツが似合うようになりました。

次ページ:筋肉量が増えて代謝が上がり、体が強くなりました

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -