• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • トレーニング
  • 【スクワット×ダイエット】下半身の引き締め!太ももとお尻をスッキリさせよう

【スクワット×ダイエット】下半身の引き締め!太ももとお尻をスッキリさせよう (1/2)

 今回は、下半身に効くスクワットトレーニングをご紹介。「スクワット」と「スロースクワット」、「スプリットスクワット」の3種目です。お尻や太ももの筋肉を引き締めて、足痩せを目指していきましょう。初心者の方も、ぜひやってみてください。

 ReebokONEエリート フィットネスランニングトレーナーとして活躍する鳥光健仁さんのトレーニング指導のもと、正しいやり方・フォームを動画で解説します。

\動画で動きをチェック/

①スクワット

 お尻や太ももなど、下半身を鍛える筋トレ「スクワット」。下半身の大きな筋肉を鍛えるため、代謝アップ効果が期待できるトレーニングとして、運動が苦手な初心者にもおすすめの種目です。

正しいやり方

1. 肩幅に足を広げる(つま先は少し外側に向ける)

▲目線は前へ

2. 背筋を伸ばし、地面と太ももが平行になるまで下げていく

▲膝がつま先よりも前に出ないよう、お尻を後ろに突き出す

3. 膝が伸ばしきらない位置までゆっくりと戻す

実施回数

15回

ポイント

・背中が丸まらないようにする
・膝が内側に入らないようにする
・呼吸を止めずに続ける

鍛えられる筋肉(場所)

・大腿四頭筋
・ハムストリング
・脊柱起立筋
・大殿筋 etc…

②スロースクワット

 インナーマッスルに効くおすすめの筋トレ「スロースクワット」。大腿四頭筋の他、太ももにあるハムストリング、ふくらはぎにある腓腹筋やヒラメ筋といった部位を鍛えることができます。

正しいやり方

1. 脚を肩幅に開く
2. 胸の前で腕を組んでいく

3. 膝がつま先よりも前に出ないようお尻を引いていく
4. 5秒かけて、太股と床が平行になるぐらいまで膝をゆっくりと曲げていく

5. 5秒かけながら約40度の角度まで膝を伸ばす

実施回数

5回

ポイント

・下げるときは膝と床が平行になるまで、戻すときは膝がまっすぐになる手前まで行う
・呼吸を止めず、吸って吐いてを繰り返す
・一定のペースを崩さない。回数ではなく質を大事にする

鍛えられる筋肉(場所)

・大腿四頭筋
・ハムストリング
・大臀筋
・腓腹筋
・ヒラメ筋 etc…

次のページ:③スプリットスクワット

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -