卵 食べ過ぎ
ウェルネスフード
2023年11月3日

【危険?】卵を食べ過ぎたときの症状とは。何個まで食べていい?[薬剤師監修] (2/3)

ガンになる? 卵を食べ過ぎによって生じる病気リスクとは

 卵の食べ過ぎによる病気のリスクとして、乳がんを引き起こす可能性があることが示唆されています。

アメリカの文献によると、「週に5個以上の卵を摂取した場合、卵を摂取しない場合と比べて乳がん発症のリスクが若干増加する」ことが認められています。

卵巣がんや前立腺がんについてのリスク上昇の証拠は得られていないようですが、完全には排除できない結果になったようです。

卵を食べ過ぎると、「死亡する」「肝臓や腎臓に悪い」という噂は……

卵を食べ過ぎると「死亡する」ってホント?

卵を食べ過ぎて死亡した事例は、本当にあるようです。

インドで行われた卵の早食い競争で、42個目を食べた際に亡くなった事例がありました。

また、2013年にはイースターエッグを食べるコンテストで早食いをしていた男性も死亡し、さらには、2012年に生卵を28個食べた男性の死亡事故がありました。

インドの死亡事故を担当した医師は、ゆで卵の食べ過ぎにより致命的な状態となって死亡したと診断しています。

ゆで卵

ただし、本当に卵の食べ過ぎにより亡くなったのかは定かではありません。喉をつまらせて窒息した可能性や、生卵からのサルモネラ菌感染の可能性も考えられます。

卵を食べ過ぎると「肝臓に悪い」ってホント?

卵を食べ過ぎても、肝臓に悪影響を与えないと言えるでしょう。

卵には、肝臓の修復や弱った働きを正常に戻す「アミノ酸」や「ビタミンB群」が豊富に含まれています。つまり、卵は肝臓に良い食べ物と言えるため、食べ過ぎても悪影響を起こすリスクは低いと考えられます。

卵を食べ過ぎると「腎臓に悪い」ってホント?

卵が腎臓に直接悪影響を与えるわけではありませんが、腎臓病などで腎臓が弱っている方は、卵を食べすぎないよう注意しなければなりません。

弱った腎臓では、タンパク質が過剰に摂取されても体外に排出できないからです。適度に食べる分には問題ないため、腎臓が弱い方でも卵は食べられます。

卵を食べ過ぎると「太る」「コレステロール値があがる」ってホント?

卵の食べ過ぎにより「太る」「コレステロール値があがる」と以前は言われていました。

しかし、度重なる研究により、健康な人であれば2〜3個の卵を食べてもコレステロール値はあがらないという例もあり、見直されています。

むしろ、卵に含まれるリンやレシチンの働きによって善玉コレステロールが増え、コレステロール値が下がるという見解もあります。

ただし、脂質異常がある方や体質的に体内のコレステロールの生成が促される方は、この限りではありません。卵の食べ過ぎにより太ったり、コレステロール値があがったりするリスクがあるため、卵の食べ過ぎは避けましょう。

卵を食べ過ぎると「体臭がきつくなる」ってホント?

卵を食べ過ぎると、体臭がきつくなる可能性があります。

卵を食べ過ぎると「体臭がきつくなる」ってホント?

卵には硫黄が含まれており、体臭に影響を与えるからです。汗や尿の臭いが強まる可能性があるので、食べ過ぎには気をつけましょう。

卵を食べ過ぎると、大人になってからもアレルギーを起こす?

1 2 3