• Facebook
  • Twitter

スポーツとお茶のイイ関係。スポーツ・シーンでお茶を活用しよう

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 コンビニや自販機などで手軽に購入できるさまざまな種類のお茶。日本人にはなじみ深く、普段何気なく飲んでいるお茶ですが、その成分と飲み方を知ればスポーツ・シーンに活用することができるんです。

 ここでは、水分補給とスポーツ前後に飲んで意外な効果が期待できるお茶の種類と飲み方をご紹介。日に日に暑さも増してくるこの季節、スポーツ時のドリンク選びの参考としてみてはいかがでしょうか。

スポーツ時の水分補給にお茶はOK?

 口に含むと爽やかな香りが広がって、スッキリする冷たい緑茶や紅茶。おまけに無糖のものならカロリーもほとんどなく、乾いた喉を潤すのにはぴったり! と思っていませんか? お茶に含まれるビタミンCやカテキンはカラダにいいし、スポーツ時の水分補給にもよいのでは、と思ってしまいますよね。

 しかし、緑茶や紅茶など茶葉で入れるお茶にはカフェインが含まれており、実はスポーツ時の水分補給としてはNGなんです。どうしてカフェインを含む飲み物がスポーツ時の水分補給には適さないのか。Japanマラソンクラブの管理栄養士で、ジョギングインストラクターでもある深野祐子さんに聞きました。

「カフェインには利尿作用があるため、余計な水分をカラダの外に排出してしまいます。なので、スポーツ時の水分補給としてはあまりおすすめではありません」

 スポーツでたくさん汗をかいたうえに、トイレに行く回数が増えてしまうのではカラダの水分がいくらあっても足りない! これが、お茶が(カフェインを含む)スポーツ時の水分補給に適さない理由だったのです。

《スポーツ時の水分補給としては適さないお茶》
・カフェインを多く含むお茶
緑茶、ウーロン茶、コーヒー、紅茶等

スポーツ時に一番適したお茶は麦茶!

 日本の夏の飲み物として定番ともいえる麦茶。世代によっては、学校や部活に持って行った思い出の水分補給ドリンクですよね。麦茶もお茶ですが、カフェインフリーでミネラル豊富なことから、スポーツ時の水分補給としておすすめできるお茶なのです。

 また、麦茶を抽出する大麦はカラダを冷やす・血液をサラサラにしてくれるともいわれており、スポーツ時のクールダウンや疲労を回復させてくれるのだとか。ただし、30分以上の長時間のスポーツや、気温や湿度の高い状況の運動で汗を大量にかく場合、汗で失われる水分を麦茶だけでは補うことができないため注意が必要とのこと。

「大量に汗をかいて多くの水分がカラダから失われる場合は、やはりスポーツドリンクがおすすめです。軽めの運動でも汗をよくかくなんて日は、麦茶だけでなく、塩あめやミネラルが補給できるタブレットなどと併せて摂取するのがおすすめ。状況に応じて自分に合った飲み物をチョイスしたり、プラスαできるとよいですね」

 30分程度の軽めの運動であれば、麦茶のほかにもルイボスティー・ごぼう茶・ローズヒップティーなどのハーブティー、含まれるカフェインが微量のほうじ茶でもと深野さん。スポーツドリンクは、特にダイエットや健康づくりのために行っている運動の場合で、30分程度であればかえって糖分の摂りすぎになってしまうこともあるのだとか。

スポーツ前と後にはお茶がおすすめ

 利尿作用がある、という点からはスポーツ時の水分補給には適さないカフェインを含むお茶ですが、スポーツの前や後に飲むとパフォーマンスや集中力を高めてくれたり、疲労の原因となる活性酸素を取り除いてくれる効果が期待できることも。

「お茶に含まれるポリフェノール(カテキン等)類には『抗酸化作用』があります。運動時にカラダに発生する活性酸素を除去する働きも。活性酸素はカラダの『さび』の原因。免疫力の低下や疲労、肌の老化などトラブルを引き起こす原因です」

 カラダを酸化させる活性酸素を除去してくれるなんて、お茶ってスゴい。スポーツ女子なら、美容のためにも運動後に飲むべきはお茶、なんですね!

「運動を日常的に行う方は、活性酸素をいかに除去するかもポイントです。お茶の摂取をうまく利用して、活性酸素を除去する習慣を身につけるとよいですね」

 ただ一方で、カフェインが含まれるお茶は前述のとおり利尿作用もあるため、カフェインを多く含むお茶を飲む際はそれだけの摂取でなく水やノンカフェイン(もしくはカフェインレス)のお茶を組み合わせての摂取を心がけるとよいでしょうとも。

 トップアスリートでも、まずお茶やコーヒーなどでカフェインを摂取してから試合に望む選手もいるとのこと。お茶のカテキンが持久力アップにも効果的との最新研究結果が発表されたのも記憶に新しいところです。お茶の持つ効果を有効に活用することで、お茶はスポーツの心強い味方になってくれそうですね。

 これから迎える暑~い日本の夏。スポーツ・シーンでお茶をうまく活用して、自分にあったスポーツとお茶の関係を始めてみましょう。

[監修者プロフィール]
深野祐子(ふかの・ゆうこ)
管理栄養士・ジョギングインストラクター。Japanマラソンクラブでインストラクター兼フードアドバイザーとして市民ランナーに向け走り方の指導や食事の指導を行う
【Japanマラソンクラブ公式HP】http://www.jmcrun.com/

<Text:京澤洋子(アート・サプライ)/Photo:Getty Images>

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード