• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

アルコールは筋トレにどんな影響を及ぼすのか?筋トレとお酒の関係をプロが解説 (3/3)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

アルコールをご褒美に筋トレを頑張ってみる

 ダイエットのために筋トレや食事制限をしていると、心身ともに疲れてしまいます。そのため、途中で挫折してしまうことは少なくありません。その場合、週1日だけアルコールを摂取していい日を作りましょう。このようなご褒美日を「チートデイ」といいます。

 カラダ作りを進めていくと、ダイエットの影響からどうしても代謝が低下してしまいます。これは、摂取カロリーを制限することによって、その摂取カロリーでカラダを維持しようという働きが働くからです。週1回だけアルコールを楽しむことでカロリーを多く摂取することにつながり、それが刺激となり停滞を防ぐことができます。ただしその楽しみを得るためには、そのほかの6日はしっかり筋トレや食事コントロールをする必要がありますので注意してください。

関連記事:ダイエットの停滞期対策に。「チートデイ」の効果・メリットと失敗しないやり方

おわりに

 筋トレでカラダづくりを目指している人は、筋トレの効果をしっかり得るためにも飲酒は控えた方がよいでしょう。どうしても飲みたいという人は今回ご紹介した内容を参考に、賢くそして程々に飲酒を楽しむようにしてください。

[著者プロフィール]
和田拓巳(わだ・たくみ)
プロスポーツトレーナー歴16年。プロアスリートやアーティスト、オリンピック候補選手などのトレーニング指導やコンディショニング管理を担当。治療院での治療サポートの経験もあり、ケガの知識も豊富でリハビリ指導も行っている。​スポーツ系専門学校での講師や健康・スポーツ・トレーニングに関する講演会・講習会の講師経験も多数。そのほか、テレビや雑誌でも出演・トレーニング監修を行う。日本トレーニング指導者協会JATI-ATI。
【HP】https://wada0129.wixsite.com/takumiwada

<Text:和田拓巳/Photo:Getty Images>

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード