• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

正しい姿勢を取り戻す「猫背改善ストレッチ法」。一流アスリートが実践するヨガから学ぶ (1/3)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 世界を舞台に戦っている選手は、どのスポーツであれ、自分のパフォーマンスを上げるために効果のあること、よいと思ったことをどんどん取り入れます。2017年、突然の引退発表で日本だけでなく世界を驚かせたプロゴルファーの宮里藍さんも同じ。2005年に主戦場をアメリカへと移し、2009年にはエビアン・マスターズでLPGAツアー初優勝をあげた彼女。180センチ級の選手が多くいるなか、日本女性の中でもそれほど大きくない155センチという身長にもかかわらず、2010年には世界ランキング1位にまで上り詰めました。

 その宮里さんを陰で支えてきたのが、今回ご紹介する「A-Yoga」の主宰者であり提唱者でもある、アスレティックトレーナーの山本邦子さんです。「A-Yoga」という言葉はまだ耳慣れないものですが、プロの世界では知る人ぞ知るヨガなんです。はたして「A-Yoga」とは、いったいどんなヨガなのでしょうか? 「A-Yoga」を活用した猫背対策ストレッチ法もあわせてレクチャーしてもらいました。

▲(左)山本邦子さん、(右)宮里藍さん

人間が本来持っている「あなたそのもの」を蘇らせるヨガ

 山本さんは若くしてアメリカに渡り、当時日本人ではほとんど持っていなかったATC(Athletic Trainer,Certified=NATA公認アスレティックトレーナー)資格を取得。その後、自身でさまざまな試行錯誤と勉強を重ね、「A-Yoga」という今までにないヨガ・ムーブメント・メソッドを確立しました。

 なお「A-YOGA」の「A」には4つの意味があります。1つ目は「Awareness」、2つ目は「Awakening」、3つ目は「Anti-aging」、4つ目が「Athletic」です。つまり「気づき」「覚醒」「抗加齢」「運動」という人間が本来持っている能力、カラダ、ココロを「A-YOGA」を通じて思い出させ、その能力などを引き上げるものです。

 そのメソッドを聞きつけて教えを受けた人たちは、宮里さんをはじめ、プロ野球では沢村賞に輝いた野球解説者の斉藤和巳さんや、今年のダービーを制した福永祐一騎手、競輪・S級の佐藤友和選手など、各スポーツ界で偉業を達成した人ばかりです。劇団四季の劇団員の多くも、山本さんから影響を受けています。アメリカの大学でも、さまざまなスポーツのトップアスリートに、けがの予防とパフォーマンスの土台づくりの指導をしてきました。

 2017年12月には、嵐の相葉雅紀さんがマスターとなっているNHKの人気番組「グッと!スポーツ」にて、山本邦子さんが講師で出演。その場でカラダの歪みを修正された相葉さんとアンジャッシュの児嶋一哉さんも、山本さんの“ゴッドハンド”ぶりに驚いていました。

――改めて「A-Yoga」というのを説明していただけますか?

人が産まれた時に授かった、元来持っている「素の能力」「素の姿勢」「素の呼吸」などを“取り戻す”ことを大切にしています。

――まず「A-Yoga」と一般的なヨガの共通点はなんでしょうか?

呼吸を使った全身運動であるということですね。

――では「A-Yoga」が普通のヨガと違う点はありますか?

脳神経が最適に働くために必要な7つの感覚システム(視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚、前庭感覚、 深部感覚)の構造と働きにより着目し、それぞれの働きを動きの中に意図的に取り入れて、脳の働きの活性とバランスがとれるように動作の導きを行っていることです。同時に小脳や生命維持をつかさどる脳のエリアに直接的な影響を与える呼吸機能の最適化に焦点を置いた動きの誘導を大切にしています。

――冒頭でおっしゃっていた「取り戻す」とは、具体的にどういうことでしょうか?

たとえば「腰が痛い」という悩みを抱えた人にさまざまな動きをしてもらい、腰とは別のところを刺激したり、別の動きをしてもらったところ、15分で痛みがなくなったということがありました。その方は50代の女性で「反り腰」だったのですが、背中に緊張があって、(正しい)呼吸もできていなかった。カラダをみさせていただき、ある部位を最適な位置に戻したところ、痛みを解消させることができました。

――15分ですか。すごいですね。

カラダの骨や筋肉などが本来あるべき場所にない場合、それを元に戻す動作や呼吸法によって改善されることはありますね。もっと言えば、この方は骨格的に骨と骨との間が詰まっていました。その間(スペース)を広げてあげたところ、痛みが解消したわけです。

――骨と骨が詰まると、痛みが出る?

神経筋骨格系の働きを考えたとき、関節のスペースを適度に保つことは、脳の働きを円滑にする大切な要素になります。関節の位置やスペースの乱れは、体調不良の一因になります。なので、骨に限らずですが、カラダの部位がズレていると、思わぬところに痛みが出たりすることもあるので、正常の位置に戻すことは重要な要素なんです。

――その手法をするうえで、「A-Yoga」が最適だと?

そうではありません。ヨガという「動き」を介して気づいてもらうことが目的なので、極論ですがよりよい方法があればヨガでなくてもいいんです。ただ、ヨガはカラダと呼吸との関連性が高く、(一般的なエクササイズではもたらしにくい)自律神経系の調整にも有益とも言われています。今は、それを伝えるには(ヨガが)ベストと思っているので、それを通じて「カラダ」を元に戻し、精神(ココロ)にも好影響を与えられればと思います。

――山本さん自身、ヨガをどう発展させたのでしょうか?

私がヨガをどう発展させたいということにコメントをするのは大変おこがましいと思いますし、ヨガはすでにその力を先達の皆様が実践を通して世の中に広めてくださって来たと思います。今、その道の歩みに加わった私にできることは、今までは科学的に証明されてきていなかったその効果や実践の方法に科学的な観点をいれながらも、人間の持つ感性を大切に、ひとり一人の人が自分の身体と向き合い、セルフケアのできる人が一人でも増えるようにヨガという生き方に接する機会、興味を持っていただける機会を作っていくことかなと思っています。子どもから高齢者まで、発達障害を持つこどもたちから難病の方、そしてアスリートまで。すべての人が必要とするものであることを伝えていきながら、多くの人の日常に広まることを願っています。

次ページ:猫背対策になる5つの「A-Yoga」ストレッチ

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード