• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • チートデイの効果とは。失敗しないやり方、食事のポイント【ダイエット停滞期におすすめ】

チートデイの効果とは。失敗しないやり方、食事のポイント【ダイエット停滞期におすすめ】 (1/2)

 筋肉量を落とさず体脂肪のみを落とすのが、健康的なダイエット。成功させるためには、運動とともに摂取カロリーを減らすことが重要です。そのため、食べたいものや高カロリーメニュー、糖質が高い食べものを控えるなど、いわゆる食事制限が少なからず必要となります。

 しかし我慢ばかりではストレスが溜まるうえにモチベーションが下がり、途中で挫折してしまうことがあるでしょう。そこで取り入れたいのが「チートデイ(チートデー)」です。

 チートデイは、ダイエット停滞期に「好きなものを食べていい日」を作る食事方法のこと。ストイックに何か月も減量生活を続けているにもかかわらず体重が減らないときに行うことで、代謝の停滞を防ぎ、停滞期を突破することができると言われています。

 いつやればいいのか、どれくらいの頻度(間隔)で行うと効率的なのか。また、食べてもいい食事メニューの決め方とは。チートデイの効果とやり方、注意点をトレーナーが解説していきます。

《INDEX〜目次〜》

チートデイとは

 チートデイは「cheat(チート)=だます・ズルをする・反則をする」という言葉からきています。ダイエット中でもズルする日を設けることで、減量を促進させるのです。この「ズル」というのが食事。チートデイは食事制限をなくし、好きなものを食べていい日と決めます。

 中には「そんなことすると、せっかく落ちた体重が元に戻ってしまうのでは」と心配になる方がいるでしょう。それは当然のことですが、しかし、このチートデイにはさまざまなメリットがあるのです。

チートデイのメリット

 チートデイによって、カラダにどのような効果がもたらされるのでしょうか。ここでは、チートデイを設定するメリットを確認してみましょう。

基礎代謝の低下を抑える

 食事量を減らし、摂取カロリーを制限することにより、カラダは少ないエネルギー内で対応できるように代謝が落ちていきます。すると、やがてダイエットの停滞期に突入します。ここでチートデイを設定し、定期的に多くのエネルギーを補給することで、基礎代謝の低下を抑えて停滞期を防ぐことができるのです。

 たしかに短期的で見れば、落ちていた体重が元に戻ってしまう感覚に陥ってしまうかもしれません。しかし、その体重増加は一時的なもの。長期的に見れば、順調にダイエットは進んでいくはずです。

ダイエット中のストレス発散になる

 チートデイはカラダの変化だけでなく、モチベーションの維持という点でも大きな役割を果たすでしょう。食事制限はカラダだけでなく、精神的につらいものがあります。

 「糖質制限だから炭水化物はカット」「スイーツ、甘いお菓子、おやつは全部禁止」「お腹が空いても食べられない」など、心には多くのストレスがかかるはず。そのストレスからくる抗えない食欲に負けてドカ食いをし、リバウンドで体重増加してしまうなど、ダイエットを挫折してしまう人がとても多いのです。

 チートデイを設定すれば「食べたいものが食べられる」「お腹いっぱい食べることができる」と、メンタル面での解放感がストレス解消へとつながり、ダイエットのモチベーションを維持することができます。

 週末にチートデイを設けてストレスを軽減させ、ダイエットを継続できる人も多いことでしょう。

チートデイの効果的なやり方

 チートデイはどのように設定するのがよいのでしょうか。ここで、基本的なチートデイの設定方法を理解しておきましょう。

チートデイはダイエット停滞期に行う

 チートデイを設定するのは、ダイエットの成果が停滞してきたときにしましょう。ダイエットを始めたばかり、あるいは体重が順調に落ちているタイミングで実施しても、あまり意味がありません。

 チートデイは、あくまでも「ダイエットの停滞期を乗り越えるための食事戦略」であることを頭に入れておいてください。

まずは週に1回をチートデイに当てる

 初心者であれば、一週間のうち1日が頻度の目安です。あらかじめ、何曜日にするか決めておくのがおすすめ。その他の6日は、しっかりと食事内容と食べる量をコントロールします。

 食べる量が多くなりやすい飲み会やイベント日などをチートデイにするなど、計画的なスケジュールを立てることが成功のポイントのひとつです。

チートデイで何を食べればいい?

 チートデイはいつもより摂取カロリーが増えればよいので、メニューは自由です。チートデイの内容も決めていきましょう。まったく何も制限なく摂取していいという人もいれば、食事量を変えずに食べたいものを食べる、食べるものは変えずに食事量を増やすなどさまざまな方法があります。

 これは、各個人のストレスがかかっている原因(食事量なのか、食べたいものの制限なのか)によって異なっていくものです。そのため、その原因を解消できるようにやり方を選ぶ必要があります。

我慢できるなら間隔を伸ばしていこう

 ダイエットを長期間継続していくと、チートデイがなくても続けられるようになってきます。そうなれば、実施日の間隔を広げていきましょう。

 週1回からスタートし、二週間に1回、三週間に1回など幅を広げていきます。停滞が気になったタイミングで設定すると、代謝を落とさずにダイエットを進めることができます。

チートデイを失敗しやすいNGパターンとは

日を決めず好きなときにチートデイを行ってしまう

 チートデイを気分で決めてしまうと、「思った以上にチートデイが多くなってしまった」「毎日がチートデイ」ということになりかねません。それでは痩せるはずもなく、逆に太るだけです。初心者は多くても週1の頻度で、慣れてきたら間隔を空けて行いましょう。

 また、先述の通り、チートデイ以外の日はしっかりと食事コントロールをすることが大事です。

ダイエット停滞期以外にチートデイを行ってしまう

 こちらも先述したように、チートデイは減量停滞期のときに行う施策です。ダイエットが順調なときや、そもそもダイエットをしていないときに行うと、ただの“食べ過ぎ”となります。

普段の食事はストイックにしてこそ効果的

 チートデイはダイエットを進めるうえで、効果的なテクニックです。しかし、やり方には十分に注意する必要があります。ただ単に、たくさん食べる日を作ればいいというわけではありません。普段のトレーニングや食事コントロールをしっかり行っているからこそ、チートデイの効果が出るのです。

 ダイエットで一息つきたいときは、チートデイを設定して、停滞期を乗り切りましょう。

編集部ピックアップ! サブスク冷凍宅配

調理の手間なし、栄養バランスOK!宅配弁当サービス「マッスルデリ」

マッスルデリ
「マッスルデリ」はダイエットやボディメイク、健康なカラダづくりに取り組む人に最適な栄養素の食事を全国に届ける宅配弁当サービス。高たんぱく低脂質でありながら糖質もほどよく含み、栄養バランスが崩れがちなボディメイク中の食事にぴったりです。

「マッスルデリ」を公式サイトでチェックする

糖質30g以下・塩分2.5g以下のお弁当「nosh(ナッシュ)」

nosh-ナッシュ「nosh(ナッシュ)」は、糖質30g以下・塩分2.5g以下のお弁当をお届けするサービスです。一流シェフと管理栄養士が調理して開発を行い、和・洋・中のメニューは60種類以上、デザートまで用意しています。冷凍庫で保管可、食べたいときに電子レンジで温めるだけ!

メニューを見てみる

RIZAPの食事メソッドを1食に凝縮した「サポートミール」

RIZAP(ライザップ)の食事メソッドを1食に凝縮した、手軽に食べられるプレートのアソートセットです。 1食あたりの糖質は平均10g前後、カロリーは200〜300kcal。 バランスも考えられた嬉しいメニュー。

RIZAPの「低糖質」宅食を見てみる

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -