• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • スイカに含まれる栄養素「シトルリン」とは。効果的な摂り方、1日の摂取量、サプリメントの注意点

スイカに含まれる栄養素「シトルリン」とは。効果的な摂り方、1日の摂取量、サプリメントの注意点 (1/3)

 筋トレやスポーツ愛好家の間でも最近注目されている栄養素・シトルリン。サプリメントでも含まれているものが多く、身近なものとなっています。なぜ、シトルリンがスポーツをする人に良いのでしょうか。その理由を管理栄養士の那須由紀子さんの監修のもと、解説します。

スイカから発見されたシトルリン

 シトルリンとは、スイカなどウリ科の植物に含まれるアミノ酸です。1930年に日本でスイカから発見されました。シトルリンはスイカの学名「シトルラス ブルガリス」から名づけられました。

 シトルリンの特徴はタンパク質を構成しない遊離アミノ酸であること。遊離アミノ酸は私たちの血液や尿に存在し、健康を支える土台作りに欠かせない存在で、スーパーアミノ酸とも呼ばれています。

 シトルリンは遊離アミノ酸の特徴でもあるように細胞や血液の中に存在し、必要なときに働くように準備しています。シトルリンも血液に乗って身体中を巡り、必要な出番のときに威力を発揮します。

 必要な出番とは、一酸化窒素(NO)を生み出すとき。NOは血管を拡張する働きがありますが、この働きをサポートするのがシトルリンです。シトルリンを摂ることで、血管を拡張し、血流が改善されることで、疲労回復などさまざまな効果があると那須さんは言います。

「シトルリンには乳酸や疲労原因となるアンモニアを除去し、疲労を回復する効果があります」(那須さん)

 血流が良くなることで、冷えが改善されます。また、もう一つの働きとしては、尿素回路を手助けすることが上げられます。尿を作るときに疲労原因となるアンモニアができてしまいますが、シトルリンはこれを無害にし、尿として体外に排出するサポートをします。

 スイカにはカリウムが含まれていることが知られていますが、シトルリンは他の果実にほとんど含まれていません。スイカを食べるとむくみが解消されるのは、シトルリンの役目も大きいのです。

「他には肌の保湿効果もあります。アンチエイジングにも一役買い、血管をしなやかにし、加齢による動脈硬化予防も期待できます」(那須さん)

 シトルリンが不足すると疲れやすくなるだけでなく、腎臓への負担も増え、さまざまな弊害をもたらします。代謝も下がるため、肥満体質の人は慢性的にシトルリンが不足していることも多く、さまざまな生活習慣病を引き起こす可能性も高まるのです。シトルリンはスポーツをする人に限らず、あらゆる人々の健康を支える大切な役割を果たすのです。

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -