• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • ランナーズハイ、なぜ起きる? 中毒性のある“気持ちよさ”をもたらす脳内物質とは

ランナーズハイ、なぜ起きる? 中毒性のある“気持ちよさ”をもたらす脳内物質とは (1/2)

 いわゆる「ランナーズハイ」と呼ばれる状態を経験したことあるランナーはいるでしょうか。長く走り続け疲労がある一定のレベルを越えると、不思議とそれまで感じていた疲れや痛みがどこかに行ってしまうときがあります。何も考えなくても足が自然に動いて、いつまでも走り続けられるような気分になることのようなときランナーまるで瞑想状態の中で走っているようなもの何とも言えない幸福感や高揚感に包まれつまり「ハイ」になるわけです。 

 長い間、このランナーズハイの原因はエンドルフィンの分泌であると広く信じられてきました。しかし最近の研究(1)では、このエンドルフィン説は否定され、運動によって体内で生成されるendocannabinoidエンドカンナビノイド、日本語で「内在性カンナビノイドと呼ばれる化学物質の受容体がランナーズハイの原因であるとしています

どんな研究内容だったか

 この研究はドイツの国立大学であるハンブルグ大学の医学者らによって行われたものですそれ以前実験マウスを使った研究では、運動によって起こる反応はエンドルフィンとは無関係であり、それよりもカンナビノイド受容体の影響を強く受けることがすでわかっていました。

 しかしながら、マウスでは幸福感などの感情を研究することはできません。今回の研究は実験マウスに起きたものと同様の反応が人間にも起こるという仮説に基づいて行われたものです。

エンドルフィン受容体をブロックしても、ランニング時の幸福感は増した

 研究では63人の被験者に、45分間のトレッドミル上での緩やかな強度のランニングを、別のセッションでは同じ時間だけのウォーキングを行ってもらいました。するとランニングをしたウォーキングをしたときより幸福感が増し、不安感のレベルが減少したとのことそしてその現象は人為的に内在性オピオイド(エンドルフィンの受容体をブロックしても同様に起こりました。

 その代わりにランニングをすると内在性カンナビノイドの分泌が刺激されることも分かったと言います論文著者らは研究結果から導かれた結論を以下のように要約しています。 

✓ 運動によって起こる幸福感の高揚と不安感の軽減は、内在性オピオイド(エンドルフィン)受容体の働きと直接の関係はない
✓ ランニングは不安感のレベルを軽減する
✓ ランニングは内在性カンナビノイドのシステムを促進する
✓ ランナーズハイになる原因を説明する上で、内在性カンナビノイドはエンドルフィンより有力な候補である

次ページ: 内在性カンナビノイドは大麻のような酩酊作用を及ぼす

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新