• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • 「カット野菜は栄養がない」ってホント?マッスルデリ管理栄養士が解説

「カット野菜は栄養がない」ってホント?マッスルデリ管理栄養士が解説

 体を鍛えている筋トレ民も、痩せたいダイエット民も、時には食べすぎ、飲みすぎることもあるでしょう。どうやったらリカバリーできるのか。ボディメイクを食事面からサポートする「Muscle Deli(マッスルデリ)」の管理栄養士・瀧川みなみさんに、よくあるギモンを聞いてみました。

 今回のテーマは、スーパーやコンビニでよく見かける「カット野菜」について。カットされた野菜やサラダは栄養が抜けてしまっているというウワサは本当でしょうか?

Q.野菜不足を補おうとカット野菜を購入しているのですが、カット野菜は栄養が抜けてしまっているというウワサを聞いて心配しています。カット野菜でも野菜不足は補えるでしょうか?

A.水溶性ビタミンは一部流れるため理論値より低い摂取量となりますが、それ以外の栄養素は摂取できると考えられます。

 水溶性の栄養素は加工の段階で一部流れてしまいますが、それ以外の栄養素は摂取することができるでしょう。

 スーパーやコンビニで売っているカット野菜は、厚生労働省が作成した「大量調理施設衛生管理マニュアル」に則って製造・加工されています。このマニュアルには、集団給食施設などにおける食中毒を予防するため、細かい衛生基準や食材の取り扱いについて書かれています。

 そのなかで、野菜を加熱せずに使用する場合には「流水で十分洗浄し、必要に応じて次亜塩素酸ナトリウムなどで殺菌した後、流水で十分すすぎ洗いを行う」というルールが決められています。この工程で、水溶性のビタミンやミネラルが一部流れ出てしまいます。しかし、それ以外の3大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)や食物繊維などはほぼ残存します。

 そのため、カット野菜を毎日利用するのであれば、水溶性であるビタミンCやビタミンB群(B1、B2、B6、B12 etc.)などの含有量は、理論値よりも低いということを考慮して食事を摂りましょう。水溶性ビタミンの充足率に不安があるようであれば、カット野菜以外の食品から補うのも手段のひとつです。

 ちなみに、自宅でまる野菜を切って水洗いした場合には、おなじように水溶性の栄養素が流れてしまいます。カット野菜には「手軽さ」というメリットがあるため、うまく取り入れてみてください。

関連記事:なぜ野菜は食べたほうがいい?マッスルデリ管理栄養士が解説

[プロフィール]
瀧川みなみ(たきかわ・みなみ)
株式会社Muscle Deli管理栄養士、調理師。青山学院大学文学部卒業後、専門学校で調理師、食生活アドバイザー、栄養教諭を取得。専門学校卒業後は大手外食企業で働きながら管理栄養士を取得。接客、店舗管理、副料理長を務めたのち本社の商品企画・開発部門でデザートメニューの商品開発をおこなう。その後、クラウドレストランを運営するベンチャー企業に転職し、8ブランドの立ち上げを実現。より多くの人に向けて体・健康づくりの手伝いがしたいと思い、Muscle Deliに入社。商品開発、栄養指導、レシピやコラム作成等を担当。プライベートでは料理教室や食事に関するセミナーなどのイベントを主催。

\マッスルデリのお知らせ/

マッスルデリは管理栄養士監修のお食事を冷凍宅配でお届けしています。レンジで温めるだけで高タンパク低カロリーな、栄養バランスの整った食事を取れるのでダイエットやボディメイクに最適です。50種類の豊富なメニューで飽きずに継続いただけます。

詳細をチェックする

記事協力
・株式会社Muscle Deli
・公式サイト https://muscledeli.co.jp/

<Text:編集部/Photo:Getty Images>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新