• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • 「食事は完全栄養食とサプリメントだけ」。デメリットは?マッスルデリ管理栄養士が解説

「食事は完全栄養食とサプリメントだけ」。デメリットは?マッスルデリ管理栄養士が解説 (1/2)

 体を鍛えている筋トレ民も、細くなりたいダイエット民も、時には食べすぎ、飲みすぎることもあるでしょう。どうやったらリカバリーできるのか。ボディメイクを食事面からサポートする「Muscle Deli(マッスルデリ)」の管理栄養士・瀧川みなみさんに、よくあるギモンを聞いてみました。

 ここ数年で存在感を高めている「完全栄養食」。名前からして、これさえ食べておけば栄養バランスの整った食生活が送れそうな印象を受けますが、本当にそうなのでしょうか。

 また、こうした完全栄養食や栄養を補うサプリメントとは、どのような付き合い方をしていくとよいのでしょうか。

栄養バランスは気になりますが食事に興味がありません。サプリメントや完全栄養食といった類で済ませると、どんなデメリットが考えられますか?

 完全栄養食とは、一般に厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準(2020年版)」(以下、「食事摂取基準」と表記)を参考に、1食あたりに必要な栄養素をすべて網羅し摂取できるよう作られた食品のことです。

 現在では、パン、ドリンク、グミ、パスタ、パウダー、カレーなどさまざまな味・形状の完全栄養食製品が見受けられます。

 完全栄養食は、多忙なライフスタイルの方や手間をかけずに少しでも体を気遣った食事をしたい方を中心に、手軽に栄養バランスのとれた食事が摂れるということで人気が高まっています。

完全栄養食を3食とれば栄養バランスは充分なのか

 体組成・活動レベル・体質は人によって異なるため、3食おなじ完全栄養食を食べ続けるのは、栄養バランスが充分と言いきれないケースもあるでしょう。

 基本的に、健康維持のためには5大栄養素(タンパク質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラル)が偏りなく摂れていることがポイントとなります。

 完全栄養食として商品を販売しているブランドのいくつかは「食事摂取基準」の栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づき、各栄養素の1日における推奨摂取量の1/3以上を満たすように1食分を開発しているようです。

 完全栄養食の栄養バランスを見ると、先述条件下で1食中あたりに必要な栄養素が入っていますが、含まれる栄養素の量は商品により違いがあります。

 長期的な健康維持を考えるのであれば、普段から栄養バランスを考慮した食事の心がけを大前提として食事しましょう。その中で忙しくて調理や食事の時間がとれないタイミングや手軽に食事を済ませたい時などは、完全栄養食に置き換えていただければと思います。

完全栄養食やサプリメントで食事を終えると、どんなデメリットが考えられる?

 仮に、完全栄養食やサプリメントのみで食事を済ませた場合、数日の実施であればそこまでカラダに影響することは少ないと考えられます。ここでは、1日3食すべてを完全栄養食やサプリメントに置き換えて食事を続けた場合のデメリットをご紹介します。

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -