• Facebook
  • Twitter

Instagramでボディメイク。約4万フォロワーを誇る@ saika_fitの実践術

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 近年、スマートフォンの普及により、誰でも自由に情報を発信、入手することができます。そのような時代の中、手軽に情報を共有できる場としてつくられたサービスがSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。

 現在、主流となっているSNSはいくつかありますが、その中でも、「Instagram」は若者を中心に、ものすごいスピードで普及しています。Instagramは、写真をメインに投稿していくSNSで、一般の人のほかに、多くの著名人や企業がプロモーションの場としても利用しています。

 そこで今回、一般企業に勤務しながらも、Instagramでフィットネスや旅行の様子を発信し、約4万フォロワーを持つインスタグラマーの彩海(さいか)さん(@saika_fit)にお話を伺いました。

▶全国約1,100のスポーツ教室を検索するなら「EPARKスポーツ」へ

Instagramを使う理由

-----Instagramを始めたきっかけを教えてください

 7年前、海外で話題になっていたInstagramが、日本でリリースされたという情報を知り、好奇心で始めました。話題のSNSは一通り自分で試してみたい、というタイプなので(笑)

-----他のSNSではなく、Instagramで投稿を続けるのは何故ですか?

 Instagramを続けようと思ったきっかけが、初めてフィットネスの投稿をした時に、想像以上の「いいね!」や、応援のコメントが寄せられたことなのです。これをきっかけに投稿を続けたところ、応援の声が増え、次第にそれがフィットネスそのものや写真を投稿するモチベーションに繋がっていきました。現在は、「いいね!」やコメントに加え、フォロワーの数も増えてきたため、身体づくりに手が抜けなくなり、より一層、自分磨きに身が入るようになりました。

フィットネスや旅行に関する情報を楽しく投稿

-----Instagramに何を投稿したらいいのか分からない、楽しみ方もイマイチ分からない、そのような人たちでも、楽しく投稿できるコツを教えてください。

 「いいね!」やコメントが寄せられると、投稿が楽しくなります。なので、見ている人がどんな投稿を求めているのか、ということを考えて投稿することが大切です。たとえば、旅行の写真の場合、料理や風景だけを撮って載せるより、自分自身が食べたり、体験している様子を写した写真の方が、投稿を見た人に、より旅行の楽しさが伝わります。フィットネスの場合、フィットネスメニューを実践し公開することで、自分の身体を引き締めながら、見ている人にも参考になる情報を提供することができます。

. . Hello June 🌞🌝 6月はじまり! . My birthday is coming up end of this month;) . 今日から沖縄入り🌈 バタバタで本日もこなしてきます🙌🏼 . . . #チームサイカフィット ←←←タグつけて 皆んなで理想の身体作りがんばろう💪🏼💪🏼💪🏼 どんな写真でもOK💪🏼 みんなのモチベーション、決意、悩みなど なんでも聞かせてね🙌🏼 できるだけ覗きに行きます❤︎(コメントも) . . . #水着#腹筋#筋トレ#筋トレ女子#筋肉#ワークアウト#トレーニング#ダイエット仲間募集中 #ダイエット#公開ダイエット #fitnessgirl #fitnessmotivationdaily #6月 #6月はじまり#梅雨のはじまり#誕生月 #0630#セーラームーンと同じ誕生日 #6月はLiveもっとやりたいな

A post shared by Saika/彩海/さいか/SONIA (@saika_fit) on

彩海流、フォロワーの増やし方

-----現在、彩海さんには4万人のフォロワーがいますが、フォロワーを増やす方法を教えてください。

 他の投稿者に「いいね!」やフォローをたくさんする、朝や夕方など見られやすい時間帯に合わせて投稿する、ハッシュタグを活用する、などですね。ただ、それ以上に大切になるのが、「自分が他人と違うところを上手く表現する」「フォロワーを大切にする」ということです。

 私の場合、「フィットネス」というカテゴリーのなかで、他の投稿者と差別化を図るために、独自のトレーニング方法を発信したり、身体の状態を公開し、日々のトレーニングの成果をビフォーアフターの写真で表現するようにしました。また、投稿に寄せられたコメントには、基本的に全て返すことを心掛け、身近な存在に思ってもらえるように工夫しています。

独自のフィットネスメニュー

 最後に、彩海さんが実際に投稿しているフィットネスメニューを紹介します。

* * トレ動画まとめ→#SaikaFit_video * * お尻の#宅トレ ! 足を伸ばして上下垂直の動きと 内側に入れながら下ろす動きを交互に! * * 左右30回3セット! 30reps each/3sets * * ⚠️骨盤は開かず床に平行を意識! ⚠️脚を下ろした時は床につけないギリギリで ⚠️呼吸も忘れずに! * * 1kgずつのアンクルウェイトをつけてます🏋🏾 * * 今までにUPしたお尻のトレーニングを全部やってもよし🤗 * 組み合わせて自分だけのオリジナルメニューを組むのもよし💪🏽💕 * * わたしはインターバル1分でやってるよ😆 * * * * * ワークアウト、ダイエット方法などに関する投稿は こちら→#SaikaFit * I have my own hashtag. Pls check #SaikaFit out !!!!! * And I'm member of @japanese_fitness_revolution !!!! * * #腹筋#筋トレ#筋トレ女子#筋肉#ワークアウト#トレーニング#ダイエット仲間募集中 #ダイエット#ダイエッター#ジム#女子力#女子会#美脚#脚やせ#エクササイズ#体幹#ボディメイク#モチベーション #다이어트#减肥#動画#ムービー #努力は裏切らない

A post shared by Saika/彩海/さいか/SONIA (@saika_fit) on

 これは、「宅トレ」と題した、自宅で簡単にできる、お尻を引き締めるフィットネスメニュー。投稿には、「骨盤は開かず床と平行を意識!」「脚を下ろす時は床にギリギリつかない程度まで」「呼吸をすることも忘れずに」など、細かく解説が加えられています。

. . トレ動画まとめ→#saikafit_video . . ======================================= 🔻🔻腹筋シリーズ-Part 3🔻🔻 . 【❸エクササイズボールプランク】 . ✔️1分間✖︎3セット (休憩30〜60秒以内) . ✔️対象筋肉>>>インナーマッスル(全体) . . Step_1 腕をエクササイズボールの上にのせ、 足をまっすぐ伸ばしプランクのポジションへ。 . Step_2 体勢をキープしつつ、インナーマッスルを意識。 カラダがまっすぐになっている事を確認しつつプランクを続ける。 . . ⚠️上級者向け •片足を上げてプランク •ボールを前に移動し 元に戻す動きを連続しながらプランク . ======================================= . 腹筋シリーズpart_1〜5 エクササイズ! 詳しいやり方、トレーニングのポイントなどを伝えていきます! . お楽しみに! . . (※全て独自でトレーニングしているものです) . . . . #チームサイカフィット ←←←タグつけて 皆んなで理想の身体作りがんばろう💪🏼💪🏼💪🏼 どんな写真でもOK💪🏼 みんなのモチベーション、決意、悩みなど なんでも聞かせてね🙌🏼 できるだけ覗きに行きます❤︎(コメントも) . . . . . #腹筋#筋トレ#筋トレ女子#筋肉#ワークアウト#トレーニング#ダイエット仲間募集中 #ダイエット#ダイエッター#ジム#美尻#美脚#エクササイズ#体幹#fitnessgirl #ヒップアップ #fitnessmotivation#動画#ムービー#ビデオ #fitgirls#fitnessmotivation #workoutmotivation #workoutvideo

A post shared by Saika/彩海/さいか/SONIA (@saika_fit) on

 次は、バランスボールを利用した腹筋を鍛えるフィットネスメニュー。部位ごとにシリーズ化し、鍛えたい箇所をピンポイントで鍛えられるように工夫されています。写真は、腹筋シリーズの内の1つで、インナーマッスルが鍛えられるメニューとなっています。ほかにも、腹筋シリーズの中には、上部のみ、下部のみ、サイドのみ、などもあり、参考になるメニューばかりですので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

▶ヨガ、ゴルフ、ダンス、パーソナルジムなどのスポーツ教室を探す

[プロフィール]
インスタグラマー 彩海(さいか)
20代の頃、留学やワーキングホリデーで世界を飛び回り、これまでに計45カ国を訪問。現在は国内の一般企業に勤務。趣味は旅行とフィットネス。独自で考案するフィットネスメニューの投稿が、若い女性を中心に人気を集めている
【Instagramアカウント】 @saika_fit

<Text:長田楓/Photo:片桐将大>

 

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード