• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

保護者の9割が「子どもの外遊びが減った」と回答。その理由は?

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 最近の子どもって、外で遊ぶことが少ないなと感じませんか? 子ども向けスポーツ・アウトドアイベント「アクティブキッズフェスタ」を主催する一般社団法人YBP PROJECTが、子どものスポーツと外遊びに関するアンケート調査を実施。その結果を公表しています。

9割の保護者が、子どもの「外遊び」が減少したと感じている

 質問は「あなたが幼児期から小学生のときと比べ、子どもの『外遊び』の機会が減少したと感じますか?」というもの。おもに幼児から小学生の子どもがいる保護者389人に対してこの質問をしたところ、336名が「減少した」と感じると回答しました。

 割合にすると86.3%。1都3県に限ると87.6%、東京都に限ると90.7%と、その割合はさらに上昇します。都市部に住む保護者ほど、外遊びは減少したと感じているようです。

「外遊び」が減った理由は?

 では、どうして子どもの外遊びは減ってしまった(と感じる)のでしょうか? 「子供の『外遊び』が減少したと感じる理由は何でしょうか?」という質問をしたところ、回答者の54.2%が「テレビゲームなど室内玩具などで遊ぶ機会が増えた」、次いで50.1%が「習いごとにいく機会が増えた」と答えました。なるほど、スマホなどの登場もありますが、都会の子どもは習いごとでけっこう多忙な子も多いようですね。

 また、物理的な問題もあり、45.8%の方が「区画整理によって近所の道ばたなど遊ぶ場所が減った」、37.5%の方が「その他公園のルールが厳しい」と回答している点も注目です。遊びたくても遊べない……そんな不自由な状況も昨今は多いようです。

「外遊び」は減っても「スポーツ」は意外とやっている

 となると、子どもはまったくスポーツを体験していないのではという考えになりますが、「子どもは現在、何かの『スポーツ』に取り組んでいますか?」との質問に対しては、86.7%の方が「はい」と回答しています。

 「体力向上のため」(89.2%)、「子どもの経験を増やしたい」(81.2%)、また「友達・仲間づくり」や「社会性を身につけるため」、「目標を立てることを学んで欲しい」「精神面の発達のため」「スポーツをして楽しんで欲しい」「親子で同じスポーツを体験したいから」など、さまざまな理由で子どもにスポーツをさせる親は多いようです。

関連記事:
スポーツ教室に通っていない子どものほうが、運動能力が高い?
「運動遊び」が子どもの発達や健康のカギを握る4つの理由
子どもを運動好きに育てよう!親が意識したい、我が子の運動能力を伸ばす3つのポイント

<Text:辻村/Photo:Getty Images>

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード