• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • 肩こりに悩むカメラマン、オンライン治療を受けてみた。「どうやって治すの?」

肩こりに悩むカメラマン、オンライン治療を受けてみた。「どうやって治すの?」

 東京・市ヶ谷にある腰痛・肩こり治療院「BACK AGING(バックエイジング)」。以前、肩こりに悩むカメラマンが “スピード痛み取り”を体験し、その良さに驚いていたのですが、なんとオンライン治療を開始したということで、さっそく体験してみました。

関連記事:肩こりに悩むカメラマンが“スピード痛み取り”を体験し「あっ、これはスゴイ!」となった話

\オンライン治療を受けている動画です/

体に触れないでどうやって腰痛・肩こりの治療をするのか?

 オンライン治療はその名のとおり「オンライン」にて開始されました。一般的に腰痛や肩こりの治療は手技や電気療法などを用いて行われます。しかしオンラインでは患者の体に直接触れることができないためそれらの方法は使えません。では一体どのように治療を行うのでしょうか?

カウンセリング~検査

 カウンセリングで肩の痛みの症状を伝えると「腕を上げ下げしている様子を見たい」と言われたので、やってみました。この「腕の上げ下げ」の検査で、どこに痛みの理由があるのかおおよそわかるのだそう。正面や側面から、何種類か異なる腕の上げ下げを見せました。

エクササイズ

 検査のあと、2種類のエクササイズを提案されました。治療前と治療後で変化がわかりやすいように左側だけ行ないます。ひとつめはダンベルを持って肩をすくめるようなエクササイズ。肩を耳につけるように上げたまま「1、2」と数え、「3」で下ろすサイクルを10回×3セット行ないます。筋トレではないのでキツくなく、むしろ普段動かさない部位を動かせた心地よさが味わえました。

 

 ふたつめは上半身をかがめた姿勢で、左腕を右腕方向に上げるエクササイズです。こちらも「1、2」で上げて「3」で下ろすリズムで10回×3セット行ないました。腕の上部がひっかかる感覚があり、体の硬さを改めて思い知らされることに。

早くも身体の変化が感じられた!?

 2種類のエクササイズ後に腕を動かしてみると、早くも左右の動きに違いが感じられました。エクササイズをした左腕を動かすときは、自然と背中も一緒に動いてくれる感覚が。逆にエクササイズをしていない右腕を動かすときには、腕だけが動いて背中と連動していない感覚。これこそがBACK AGINGが掲げる「連動性療法(※)」なのです。

(※)連動性療法とは
体の一部分だけでなく、体全体が正しく連動して動くように治療する、BACK AGING独自のメソッド。

 腕の上げ方をチェックし、痛みの症状に適したエクササイズを行うことで、普段の生活であまり使っていなかった筋肉を呼び覚まし、腕、肩、背中が連動するようになったのです。これで肩にかかっていた負担が軽減されるのだそう。

 腕を上にあげる動作もエクササイズ前と比べて一目瞭然。上腕部にひっかかる感覚があったためうまく腕が上がらなかったのが、まっすぐ上げることができるようになりました。ただこの効果は一時的で、数日や短い人だと半日ほどで元に戻ってしまうそうです。僕もそうでした。

 肩や腰の連動性を向上させ、肩こり・腰痛の根本改善を目指すなら、継続的な治療が大切。気になる人は、無料相談してみては。

【店舗情報】
腰痛・肩こり専門治療院BACK AGING
住所:東京都新宿区市谷田町3-1-5 eisuビル市ヶ谷6階
TEL:03-6457-5475

現在、無料体験モニターを10名募集中!
90分のオンライン治療&トレーニングが体験できます。
腰痛・肩こりでお悩みの方、ぜひ100日間での根本改善を目指しましょう!

オンライン治療(全国) / 出張治療(新宿区・千代田区)も可
https://backaging.com/

<Text/Photo:MELOS編集部>

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -