• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

可愛いだけじゃない!身も心も「強い」アスリート美女&アイドル8人 (1/2)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 街で走っているランナーを見かけると、「朝ラン、夜ランは身近な存在になったのだなあ」とつくづく実感します。「スポーツは運動神経がいい人とか、身体を動かすのが好きなアクティブな人がやるもの」という認識は薄れ始めており、身体を楽しく動かして理想の自分を作る、そしてその様子をSNSで公開する「ワークアウト女子」「筋トレ女子」がどんどん増えています。

 MELOSでも、多くのアスリート美女&アイドルを取材してきました。今回もまとめ第3弾として、スポーツを通じて毎日をキラキラとさせている、輝かしい女性たちをご紹介したいと思います。

打倒・森ティ!ぽにょの挑戦は今も続いている

  アイドルグループ『ハコイリムスメ』のリーダーを務める、我妻桃実(わがつまももみ)さん。日本最大級のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」では、アプガの森ティをはじめとした優勝候補を倒し、彼女はアイドル界のトップアームレスラーの仲間入りを成し遂げました。

 ふにゃっとしているぽにょ(我妻桃実)ですが、打倒・森ティを掲げて日々トレーニングに励んでいるのです。そのストイックさはアスリート並み。アイドルの域を超えて、メンタルと腕っぷしの強さを見せつけてくれます。

「アームレスリングのトレーニングをしているとポジティブになれる!」ハコイリムスメ・我妻桃実(前編) | 趣味×スポーツ『MELOS』

タレント兼トレーナー、二足の草鞋。父は俳優の草刈正雄

 芸能活動を続けながら専門学校に通い、「NSCA認定パーソナルトレーナー」の資格を取得した、女優・タレントの紅蘭(くらん)さん。その過程には、テレビでは見ることのできない彼女のさまざまな経験、思いがありました。

 身体の仕組みや理論を学んだうえで、一番の美容法はストレスを溜めないことだと説く彼女。見た目だけでなく心(インナービューティー)の美しさも大切です。

実はトレーナーとしても活躍する紅蘭「トレーニングを続けることで、仕事も恋愛も向上心が出てきます」 | ビューティ×スポーツ『MELOS』

小さいときからスポーツ漬け!アイドルの今昔がおもしろい

 東京パフォーマンスドール(TPD)で活動中の浜崎香帆(はまさき・かほ)さん。新体操、ソフトボール、水泳、バドミントンなど、小学生の時からたくさんのスポーツに関わってきた日々を振り返っていただきました。

 新体操を重点的に行っていたおかげか、柔軟性や体力、そしてなにより根性が身についたと語る彼女。小学校のときの厳しい練習は、アイドルをやっていく上での基礎力となっているようです。

東京パフォーマンスドール・浜崎香帆「今のアクロバットな動きは新体操時代の賜物」(前編)│アイドルと、スポーツと、青春と。#6 | 趣味×スポーツ『MELOS』

21歳には見えない。美しすぎる武術家、山本千尋

 3歳の時から太極拳をはじめ、16歳のときには世界チャンピオンにもなった山本千尋さん。その美貌も相まって、今は女優としても活躍されています。

 日本ではまだ知名度も充分とは言えない「武術太極拳」をもっと世に広めたい。それは彼女が女優を続ける大きなモチベーションにもなっています。

神戸にいた“武術の女の子”が女優になるまで。山本千尋が語る太極拳(前編) | ビューティ×スポーツ『MELOS』

「ヒール役を受け入れて初めて“プロレスラー”になれた」ブル中野の物語

 1983年、全日本女子プロレスに入門したブル中野さん。そのあとWWWA世界シングル王者を獲得し、「ヒールの女王」としてトップレスラーに君臨しました。

 業界のイジメ、しごき、過酷な訓練。先輩によって頭半分の髪を刈られ、“自分はプロレスラーになったんだ“というプロ意識が芽生えたというエピソードをはじめ、彼女が歩んできた過去や、女子プロレス界の闇も余すことなく教えてくれました。

やっぱりリーダーは人気を集めて、お客さんを呼ぶことをやらなくてはいけない。ブル中野氏(前編)【元プロアスリートに学ぶ、ビジネスの決断力 #5】 | ビジネス×スポーツ『MELOS』

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード