• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 趣味
  • 「ランニング飽きた」「走るの面倒」。三日坊主にならない走り方&続けるコツを専門家が回答

「ランニング飽きた」「走るの面倒」。三日坊主にならない走り方&続けるコツを専門家が回答

 マラソン大会に出場するランナー以外でも、健康やダイエットのためにランニング・ジョギングを始める人は珍しくありません。しかし、「外を走るだけだから簡単そう」と始めたものの、いざ走ってみるといろいろと悩みやギモンが出てくるもの。そこで、ReebokONE(リーボックワン)エリートでフィットネストレーナーとして活躍する鳥光健仁さんに、ランでよくある質問に回答してもらいました。

 今回のテーマは、ランニングを始めてもすぐ飽きてしまう、面倒くさくなって走らなくなるという人に向けた、三日坊主を防ぐ方法について。

Q.ランを始めては数か月で飽きて休み、思い出した頃にまた走る……を繰り返しています。長く続けるコツや考え方を知りたいです。

A.まずは1か月3回(10日間に1回)のトレーニングを継続しましょう。

 ランニング(走ること)を継続できないと悩む方はたくさんいます。マラソン大会シーズン(10~4月)やランニングイベントが多い期間は活動して、他の期間はお休みする方も多いでしょう。ですが、ランニングに限らず、「継続して続ける」ことがもっとも結果に結びつきやすいのは事実です。

 私の場合、パーソナルトレーニング・レッスン参加者には、このように伝えています。「まずは、1か月3回(10日間に1回)のトレーニングを継続しましょう」。

 第1ステップは、曜日・時間など固定せずに上記を3か月行なうこと。それができたら第2ステップとして、4か月目からは曜日・時間を固定せず、1か月4回(7日間に1回)のトレーニングを3か月行ないます。

 第3ステップは、曜日・時間のどちらかを固定して、1か月4回(7日間に1回)のトレーニングを3か月行ないます。最後の第4ステップは、曜日・時間をどちらかを固定して、1か月4~8回(7日間に1~2回)のトレーニングを3か月行ないます。

 第1~第4ステップまで順番に行なうことで、無理なく、効率的に、自分自身のペースで継続的にトレーニングするという流れ(土台)を作ります。

●第1ステップ
⇒「1か月3回(10日間に1回)走る」を3か月続ける
※曜日・時間は自由

●第2ステップ
⇒「1か月4回(7日間に1回)走る」を4か月続ける
※曜日・時間は自由

●第3ステップ
⇒「1か月4回(7日間に1回)走る」を3か月続ける
曜日・時間のどちらか固定

●第4ステップ
⇒1か月4~8回(7日間に1~2回)を3か月続ける
曜日・時間のどちらか固定

 ハードルの高い目的・目標だけでなく、「短期→中期→長期」と段階を踏みながら行なっていくことが、継続的に続けていくための一番の近道になってくると思います。

[監修・トレーニング指導]
鳥光健仁(とりみつ・たけのり)
ReebokONEエリート /フィットネスランニングトレーナー。1991年生まれ、千葉県出身。現役選手としてトレーニングを続けながら指導者としても活動をし、選手として学んできた知識とマネージャーとしての経験をもとに個人に合ったトレーニング方法を組み立てるフィットネスランニングトレーナーとして活躍中。トレーニング方法だけでなく、シューズアドバイザー、食事サポートなどもこなし、「ランニング」の楽しさや「トレーニング」の楽しさを広められるように全国各地で活動。出張パーソナルトレーナー、SUUNTO 5 アンバサダー、VX4アドバイザリー、アクティブエイジ・ダイエット指導士、(株)ブーストパートナー契約。
【ランナー実績】ハーフマラソン:1時間09分58秒、フルマラソン:2時間40分、ホノルルハーフマラソン・ハパルア 男性20~24歳部門 第3位 (2016年)
【サポート、メディア出演】宮古サーモン・ハーフマラソン ゲストランナー(2017年~)、JALホノルルマラソン 女優・高梨臨さんのサポート、HONOLULU EKIDEN&MUSIC アイドル・私立恵比寿中学のサポート、HONOLULU EKIDEN&MUSIC モデル・中林 和美さんのサポート、テレビ東京ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』ランニング監修、日東書院「篠塚和典が教える広角打法」トレーニング監修、「ランニングマガジン・クリール」ランニング・トレーニング・シューズ監修

<Text:編集部/Photo: Getty Images>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新