• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

【ランニングとアロマのナイスな関係 #2】ラン前・後のセルフアロママッサージ

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 前回は、脳にダイレクトにアプローチするアロマの香りを使ったラン前のセルフメンタルケアについてご紹介しましたが、今回はアロマの香りと精油を使ってするラン前と後のセルフフィジカルケアについてご紹介します。

精油を使ったセルフアロママッサージでフィジカルケア

 アロマの香りでリラックスしたり、集中力をアップしたりといったメンタルをケアする芳香浴だけではなく、精油を使えば自分で手軽にアロママッサージをすることができます。そのほとんどが水で成り立っているヒトのカラダは、血液の循環やリンパ液の流れをよくすることでさまざまな不調を改善することができます。

 緊張感からカラダの筋肉が固まった、筋肉の疲労で脚がこわばっているといったときは、心地よい香りとともにできるアロママッサージでフィジカルケアしましょう。

 アロママッサージに使用する精油は、アロマテラピーショップで購入することができますが、自分でブレンドして作ることもできます。材料をそろえるだけで簡単にマイブレンドのマッサージオイルができるので、お気に入りの香りの精油で自分のためのマッサージオイルを作って、マッサージケアしてみてはいかがでしょうか。

基本的なマッサージオイルの作り方
 30ml分のアロママッサージオイルの作り方です。

〔用意するもの〕
・ベースオイル(アーモンドオイルまたはアプリコットカーネルオイルなどの植物オイル)30ml
・精油(1~2種類)
・ビーカーか計量カップ
・遮光ビン(30mlかr50mlのもの)

 ベースオイル30mlをビーカーに入れ、精油を6〜9滴落とします。それを遮光ビンに移し、フタを閉めてよく振りベースオイルと混ぜ合わせます。

 ベースオイルは、浸透性のよい植物性のオイルを使用します。遮光ビンがなければ、透明のビンでも大丈夫です。ただ、オイルは酸化が進むので、透明ビンの場合はなるべく早く使い切りましょう。

 オイルは、(スイート)アーモンドオイルやアプリコットカーネルオイルを中心に、夏ならグレープシードオイル、冬ならホホバオイルなどと混ぜても使えます。好きなベースオイルと好きな精油の組合せで、遮光ビンにマッサージオイルを入れて持ち運べば、好きなときにマッサージすることができます。

筋肉の緊張をほぐす! ラン前のセルフアロママッサージ

 ラン前のアロママッサージには、筋肉を温め、しなやかにする効果や関節の動きをスムーズにして、乳酸がカラダに溜りにくい状態になるようサポートする効果があります。短時間で効果的なウォーミングアップが期待でき、ラン中の障害予防にもつながります。

《ラン前のセルフアロママッサージの仕方》
 ウォーミングアップや筋肉の緊張をほぐすマッサージは、マッサージオイルを手にとり、マッサージしたい部分にゆっくりと手のひら全体でのばし、その後もやさしく軽くなでるように手のひら全体でマッサージします。

 その後、手のひらと指を使い、全体で深く強めにさするようにマッサージします。また、特に気になる部分をケアしたいときは、指圧の要領で軽く押します。強く押さないように注意してください。

 また、ラン前のマッサージには脚のほかにハンドマッサージもおすすめ。マッサージオイルを軽くつけて指を1本ずつマッサージしたり、手首から肘にかけてオイルマッサージすることによりリラックスでき、ラン前の緊張を取り除けます。

※アロママッサージをする際は食事後やサプリメントの摂取後30分、傷口がある部位、発熱時、風邪気味のときは避けてください。

◎ラン前のマッサージにおすすめの精油

《ゼラニウム》
バランス調節作用が高く、ラン前の気持ちが落ち着かないときにおすすめです。

《マジョラム》
ラン前のカラダを温め、リラックスするのに効果的です。

《ローズマリー》
血液の循環を促して活性化させ、ラン前のカラダを温めてくれます。

疲労回復を助ける! ラン後のセルフアロママッサージ

 ラン後のアロママッサージには、こわばって硬直した筋肉をほぐし、リラックスさせる効果があります。また、香りがカラダの疲労回復を早めるサポートをしてくれます。

《ラン後のセルフアロママッサージの仕方》
 マッサージオイルを手にとり、ラン前と同じく最初はゆっくりと手のひら全体でオイルをのばし、その後もゆっくりと軽くなでるようにマッサージします。

 ラン後の疲労回復には脚だけではなく、あわせて腕や肩、首筋もやさしくもみます。もみほぐすことで筋肉を刺激し、血行を促進して疲労回復につまがります。

 もむことができないくらい筋肉の張りを感じるときは、大腿部や腕の側面、足の甲や足裏などを軽くリズミカルに叩いたり、ゆっくりと関節を回したりします。

 最後に再びゆっくりと軽くなでるように全体をマッサージして終わります。

◎ラン後のマッサージにおすすめの精油

《ラベンダー》
ラン後のリラックスマッサージにおすすめです。

《ベンゾイン》
別名「安息香」ともいわれ、甘くやさしい深い香りが呼吸器系にもおすすめ。循環を促すので、関節の痛みにもやさしくなでるようにマッサージしてください。

《マンダリン》
ラン後の興奮した気持ちを鎮め、ゆっくりとした睡眠に導いてくれます。他の精油とのブレンドにも使いやすいので1本持っておくと便利な精油です。

[監修者プロフィール]
六渡美咲子(ろくど・みさこ)
『Joli ROMIS』主宰。アロマテラピスト、スパイスブレンダー。スパイスやハーブ、アロマテラピーの香りを広めるべく企業やオーガニックショップ、イベントなどで商品企画や講師を務めるなど、さまざまな分野で活動中。主宰するサロンでは、カラダの流れを取り戻して元気になるアロマテラピーマッサージを教えたり、スポーツ前後のケアやアロマによるセルフケアのカウンセリング、アロマオイルのブレンドなども実施。ハーブやスパイスを食に取り入れる「香り食べ生活」を推進しつつ、アロマテラピーとスポーツのいい関係についても研究中
【公式HP】Joli ROMIS:http://romis.jp/

<Text : 京澤洋子(アート・サプライ)/Photo:Getty Images>

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード