• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

マンションOK!家具のように置けるサウナ、登場

 サウナ好きの夢、それは自宅で好きなときに、本格的なサウナを味わえること。

 そんな夢を叶えてくれる商品が登場しました。エストニアサウナの輸入・販売事業を展開するtotonoüは、エストニア・Auroom社の家庭用サウナ製品「Cala Mini」を発売しています。

コンセプトは“家具のように置けるサウナ“

 “家具のように置けるサウナ”という触れ書きで登場した同商品の特徴は、日本のマンションに合わせた特注サイズで、省スペースを実現しつつも、最高110度の本格仕様という点。

 形状は95cm×95cm×205cmというキャビン型で、1人の利用に適したモデル。ベンチやストーブも付属しています。

 また、「Cala Mini」は組立・解体も簡単。設置時に部屋の壁に穴をあけるといったことも必要ないため、賃貸物件にも導入しやすいモデルです。そして、引っ越しの際には解体し、新しい自宅で再度組み立てて使用することもできます。

 木材にはサーモ加工を施し、180~240℃の温度で加熱を施すことで、人工的に経年変化を再現させ、木材の寸法安定性、断熱性、耐久性を向上させます。

 他にも、インテリアとしても成立するようなエストニアデザインや耐久性の高さなど、ユーザーとしては嬉しいことずくめ。

 価格は130万円ですが、現在は発売記念の割引価格120万円。20代・30代を対象とした割引プログラム(台数限定で110万円)も用意されていますので、問い合わせ・見積りは、Cala Mini製品ページからチェックしてみてください。

関連記事:サウナの効果と入り方、守ってほしいマナーとは。日本サウナ学会の医学博士に聞いてみた(前編)

<Text:辻村>

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -