• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • ニュース
  • データと連動する「スマート縄跳び」で、なわとびエクササイズをもっと楽しく!

データと連動する「スマート縄跳び」で、なわとびエクササイズをもっと楽しく!

 最近、なにかと「スマート」になって、「スマート○○」なるものが多数登場していますが、トレーニング用品でも誕生しましたよ!

 Justjumpが、「Loop スマート縄跳び」と呼ばれるスマート縄跳びを、クラウドファンディングMakuakeにて出資受付しています。

データを専用アプリですぐに確認できる

 「Loop スマート縄跳び」は、ビッグデータなどの高度なテクノロジーが取り入れられた、これまでの縄跳びとは一線を画す商品です。

 縄跳びはいつでもどこでも、少しのスペースさえあれば簡単に行える手軽な運動。見た目は地味かもしれませんが、全身運動なので、準備運動としても良し、本格的なエクササイズにも良し。

コストもスペースも最小限!なわとびで筋肉を鍛えてシェイプアップ | 健康, トレーニング×スポーツ『MELOS』

 「Loop スマート縄跳び」にはiOSとAndroid向けに専用アプリが用意されており、跳躍回数を数えたり、運動時間を計測、また消費カロリーを計算することが可能です。

 計測したデータはアプリに蓄積され、データをシェアすることもできます。また、友人と対戦をすることもできるので、張り合いを持つこともできますよ! 運動中はアプリ内の「BGM」や「Metronome」で好きな音楽やリズムを選ぶこともできるので、音のペースに合わせて運動効率をアップさせるのもよいでしょう。

「縄跳び」の道具としても高性能

 本来の縄跳びとしての性能も気になるところですが、そこも心配いりません。

 まず、グリップの角度は縄跳びに最適と言われている46度で、伸びているロープはハンドルとの不要な摩擦がかからず、無駄な力を抜いて使用できるよう設計されています。ベアリングへの摩擦も低減できるので、楽な回転角度で軽い手首の動きだけでもスムーズに回すことができます。ロープが絡みにくいのもうれしいポイントですね。

 ロープの固定には、「Loop-Lock」という手法が採用されています。この手法は、中国で特許が取得されており、実用性とデザイン性を兼ね備えています。

 さらに、グリップの美しさを損なわない本体のディスプレイには、縄跳びが終わったあとに記録が表示されるので、すぐに跳躍回数が確認できます。

 色はブラック・ブルー・イエローの3色展開。スペックは次の通りとなっています。なお、アプリは現在、英語と中国語に対応しており、8月に日本語対応予定とのことです。

【スペック】
◆名称:Loop スマート縄跳び
◆グリップ素材:PC(ハンドペイント表面処理)
◆グリップ重量:約128g
◆グリップサイズ:約157mm(長さ)x25/23mm(MAX/MIN直径)
◆グリップの使用温度範囲:-20~45℃
◆グリップの使用湿度範囲:5%~90%
◆バッテリー:リチウムイオン電池
◆連続使用時間:約10時間
◆連続待受時間:約45日
◆充電方式:USB充電
◆定格電圧:DC 5V
◆Bluetooth仕様:Bluetooth4.0
◆Bluetoothモジュール:Ti CC254X
◆Bluetooth伝送距離:約10m(障害物がない空間)
◆ファームウェアアップデート:OTAアップデート
◆支持システム:Android4.4以降およびBluetooth 4.0 以降に支持される機種に対応、iOS8.0以降およびiPhone5以降の機種に対応
◆詳細はこちら https://www.makuake.com/project/lr-02/

<Text:辻村>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新