• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

アスリート向けSNS「Strava」、ソロ運動を30日間続けるチャレンジ開始

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、史上初の緊急事態宣言が発令されました。いわゆる「3密」を避けるため、屋外でのアクティビティ時にもソロでの活動が推奨されますが、やっぱり仲間とのつながりは大事にしたいという方は多いでしょう。

 そんな方に向け、アスリート向けのSNS「Strava(ストラバ)」では、ソロでの運動を30日間続けるチャレンジ「SOLOdarity」(ソロダリティー)を4月11日(土)よりスタートすると発表しました。

1日20分目安。30日間で10時間のアクティビティ目指す

 「SOLOdarity」は、英語で「一致団結」を意味する「Solidarity」(ソリダリティー)を文字って作られた造語。ソロでも、アクティブであり続け、つながりを絶やさないことが目指されています。

 ルールは単純で、1日20分を目安に、30日間で10時間のアクティビティを“ソロ=1人”で行うのみ。対象アクティビティは、ランニングやウォーキングだけに限らず、Stravaでログ可能なものすべてとなっています。チャレンジに参加していることは周囲に通知できるので、「アイツもがんばっているし、自分もがんばろう」というような相乗効果をソロ活で生むことが可能です。

 注意したいポイントとして、外出や運動に関しては、居住地域の推奨事項や要請を守ってほしいことがあります。たとえば、「なるべく家にいて欲しい」という要請が出ているのであれば、まずは命を守る行動が先決です。

 気候のいい季節、できれば外で遊びたいという気持ちはみんなが持っています。チャレンジに参加する方は、アスリートの手本となるよう努めて参加くださいね!

 「SOLOdarity」は、4月11日(土)よりスタートです。

・チャレンジ「SOLOdarity」(ソロダリティー)の詳細はこちら
https://www.strava.com/challenges/solodarity

・Strava公式blog
https://blog.strava.com/solodarity_jp/

<Text:辻村>

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series